• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライター深笛義也が紹介する…!

kuroki400.jpg
画像は、黒木昭雄氏ツイッターより

 ジャーナリストのあり方が問われる今、平成22年11月1日に自死を遂げた、黒木昭雄氏を思い出す。いつも豪快な話しぶりだった黒木氏と、自殺はいかにも似合わない。

「俺が死んだら、警察に殺されたと思ってくれ」

 それが黒木氏の口癖だったこともあり、直後は“陰謀”を疑う報道も目立った。だが遺書があったことや前後の状況から見て、間違いなく自殺であった。

 遺書には、このような文言があった。

「今さら言う事もありませんが、岩手の事件が私の人生を変えました。それについては後悔していません」


●岩手の事件とは ~「岩手17歳女性殺害事件」~

ThinkstockPhotos-813232306.jpg
画像は、Thinkstockより

 黒木氏が最後まで追っていたのが、その2年前に岩手県で起きた女性殺人事件だった。

 平成20年7月1日午後4時30分ごろ、宮城県栗原市に住む17歳の佐藤梢さんの遺体が、岩手県川井村(現宮古市)の松章沢の川床で見つかった。司法解剖の結果は、絞殺による窒息死であった。首を絞められた後、橋から突き落とされたと見られた。

 7月29日、殺人容疑で小原勝幸(当時・28)に逮捕状が出され、全国指名手配された。

・事件発生3日前

 遺体発見の3日前の6月28日、佐藤梢さんは小原から呼び出された。梢さんと一緒にいた知人男性によれば「恋の悩みについて相談をしたい」と持ちかけられたとのことだ。この時、彼女は冗談めかした口調ながら、「私、殺されるかも」と言っていた。さらに、彼女は、自分とまったく同姓同名の友人・佐藤梢さんと29日まで電話とメールのやりとりをしている。

・遺体発見後

 梢さんの遺体発見後の7月1日の午後9時過ぎ、岩手県田野畑村で小原が運転する車が電柱に激突した。通りがかった地元男性が、小原を彼の実家まで送っていったが、酔った状態で右手から血を流し「もう俺はおしまいだ。死ぬしかない」と口走っていたという。

 田野畑村には太平洋に面した、鵜ノ巣断崖がある。標高200mの絶壁は三陸海岸北部を代表する景勝地だが、自殺の名所でもある。

 7月2日午前、小原は、断崖の写真を添付して「俺、死ぬから」と恋人にメールする。弟(次男)には「サヨウナラ、迷惑な事ばかりでごめんね」とメールした。「飛び降りる」と友人にも電話している。

 7月3日、鵜の巣断崖の掃除に来た田野畑村の職員が、サンダルやタバコ、財布を見つけた。だが小原の遺体が発見されなかったため、警察は自殺は偽装であり逃亡していると見て、小原を100万円の懸賞金付きで全国指名手配した。

コメント

2:匿名2018年10月 6日 16:43 | 返信

小原、小原さん、小原容疑者、と呼称がブレていて読みにくい。本当にライターなのか?継ぎ接ぎのコピペ文章に見える。

1:匿名2018年10月 6日 06:14 | 返信

黒木説を検証しようと誰一人として現地に来ていない。だからトリックに気付くわけもない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。