【日本怪事件】ジャーナリスト黒木氏はなぜ自殺したのか? “疑惑の”岩手17歳女性殺害事件、真犯人追及で県警に調査を求め…

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライター深笛義也が紹介する…!

【日本怪事件】ジャーナリスト黒木氏はなぜ自殺したのか? 疑惑の岩手17歳女性殺害事件、真犯人追及で県警に調査を求め…の画像1画像は、黒木昭雄氏ツイッターより

 ジャーナリストのあり方が問われる今、平成22年11月1日に自死を遂げた、黒木昭雄氏を思い出す。いつも豪快な話しぶりだった黒木氏と、自殺はいかにも似合わない。

「俺が死んだら、警察に殺されたと思ってくれ」

 それが黒木氏の口癖だったこともあり、直後は“陰謀”を疑う報道も目立った。だが遺書があったことや前後の状況から見て、間違いなく自殺であった。

 遺書には、このような文言があった。

「今さら言う事もありませんが、岩手の事件が私の人生を変えました。それについては後悔していません」


●岩手の事件とは ~「岩手17歳女性殺害事件」~

【日本怪事件】ジャーナリスト黒木氏はなぜ自殺したのか? 疑惑の岩手17歳女性殺害事件、真犯人追及で県警に調査を求め…の画像2画像は、Thinkstockより

 黒木氏が最後まで追っていたのが、その2年前に岩手県で起きた女性殺人事件だった。

 平成20年7月1日午後4時30分ごろ、宮城県栗原市に住む17歳の佐藤梢さんの遺体が、岩手県川井村(現宮古市)の松章沢の川床で見つかった。司法解剖の結果は、絞殺による窒息死であった。首を絞められた後、橋から突き落とされたと見られた。

 7月29日、殺人容疑で小原勝幸(当時・28)に逮捕状が出され、全国指名手配された。

・事件発生3日前

 遺体発見の3日前の6月28日、佐藤梢さんは小原から呼び出された。梢さんと一緒にいた知人男性によれば「恋の悩みについて相談をしたい」と持ちかけられたとのことだ。この時、彼女は冗談めかした口調ながら、「私、殺されるかも」と言っていた。さらに、彼女は、自分とまったく同姓同名の友人・佐藤梢さんと29日まで電話とメールのやりとりをしている。

・遺体発見後

 梢さんの遺体発見後の7月1日の午後9時過ぎ、岩手県田野畑村で小原が運転する車が電柱に激突した。通りがかった地元男性が、小原を彼の実家まで送っていったが、酔った状態で右手から血を流し「もう俺はおしまいだ。死ぬしかない」と口走っていたという。

 田野畑村には太平洋に面した、鵜ノ巣断崖がある。標高200mの絶壁は三陸海岸北部を代表する景勝地だが、自殺の名所でもある。

 7月2日午前、小原は、断崖の写真を添付して「俺、死ぬから」と恋人にメールする。弟(次男)には「サヨウナラ、迷惑な事ばかりでごめんね」とメールした。「飛び降りる」と友人にも電話している。

 7月3日、鵜の巣断崖の掃除に来た田野畑村の職員が、サンダルやタバコ、財布を見つけた。だが小原の遺体が発見されなかったため、警察は自殺は偽装であり逃亡していると見て、小原を100万円の懸賞金付きで全国指名手配した。

 

■黒木氏が抱いた疑惑

 これだけを見れば、小原が怪しいと見るのは、ごく自然な感情だろう。

 黒木氏は、TBS系「テレビ公開大捜査SP あの未解決事件を追え」の取材で、平成20年現地入りした。小原が犯人だという警察の見立てに疑問を持ち取材を続け、『週刊朝日』誌上で何度も疑問を投げかけた。

 梢さんを呼び出した翌日の6月29日、小原は右手を負傷して済生会岩泉病院を受診している。診察した医師から黒木氏は、このように聞いた。

「本人は、酒に酔って壁とけんかしたと言ったが、壁を殴ったようなケガではなかったし、噛まれたような傷でもない。右手には運動機能障害があり、あれでは首を絞められない」

 梢さんの死亡推定時間について、岩手県警はこう答えた。

「被害者の行方が分からなくなった6月28日の深夜から、遺体が発見された7月1日の午後4時30分頃までの間だ」

 犯罪報道では、死亡推定時間は数時間程度の幅で特定されていることも多い。行方の分からなくなった時間すべてを死亡推定時間としているのは、異常だ。死後硬直や胃の内容物から岩手医科大学の死体検案書では、6月30日から7月1日までを死亡推定時間としているが、それさえも無視しているのだ。

 なぜこんなことになっているのか。


■佐藤梢さんの足取り

 6月28日午後11時頃、宮城県登米市内のコンビニで、佐藤梢さんの姿が防犯カメラに捉えられていた。これが彼女の最後の足取りだ。
 
 6月29日午前2時14分から3分間ほど、小原の姿が岩手県盛岡市内のガソリンスタンドの防犯カメラに捉えられていた。右手には白い布を巻いていた。

 6月29日午前9時頃、小原は岩手県田野畑村にある弟(次男)の家に現れる。梢さんは同乗していなかった。右手に大けがを負っていたため、この日、済生会岩泉病院を受診したのだ。30日まで小原は弟の家に泊まる。梢さんの遺体が発見された川井村まで車で2時間かかる距離だが、小原が4時間以上家を空けた事実はない。

 小原が梢さんを殺害できる時間はきわめて限られており、死亡推定時間を絞り込むとアリバイが成立してしまう。だから曖昧にしているのだという疑いさえ浮かぶ。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【日本怪事件】ジャーナリスト黒木氏はなぜ自殺したのか? “疑惑の”岩手17歳女性殺害事件、真犯人追及で県警に調査を求め…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル