• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント16
3HMY_1.jpg
画像は、「小説家になろう」より引用

 戦後最大のミステリーとも言われる「三億円事件」の犯人を自称する「白田」という人物が、小説投稿サイト「小説家になろう」に手記を公開し、話題を呼んでいる。

 当時の情景模写が的確なことや、「警察手帳を犯行現場に置いてきた」など捜査関係者か犯人しか知り得ない情報も載っていることから、本当に犯人なのかもしれない、いやフィクションか……と、ネット上ではさまざまな意見が出ているが――。


【「三億円事件」とは?】

 三億円事件は、1968年12月10日に東京都府中市で起きた未解決事件だ。

 その日、日本信託銀行の現金輸送車が、東芝府中工場の従業員に支払われるはずだったボーナス約3億円を輸送中、白バイ隊員の警察官の姿をした男の命令で停止させられた。警察官が「輸送車にダイナマイトが仕掛けられているという連絡が入った」と告げたため、運転手らが輸送車から離れたところ、男は輸送車を運転してそのまま逃走した。犯行時間はたったの3分。

 その後、昭和の名刑事と呼ばれた平塚八兵衛が陣頭指揮を執り、延べ17万人もの捜査員と約10億円の捜査費用が費やされた。だが、犯人が特定されることはなく、事件から7年後の1975年12月10日、時効が成立。未解決のまま捜査に終止符が打たれた。


 果たして、今回ネット上に公開された手記がきっかけとなり、50年の時を経て「三億円事件」真犯人の素性が明らかになるのか!? 手記の真偽と事件の全貌に迫るため、トカナ編集部は元公安警察の肩書を持つ日本を代表するジャーナリスト、北芝健氏に話を聞いた。


■元公安警察が「小説家になろう」の手記を一刀両断

北芝健(以下、北芝)  結論から申し上げますと、今回の書き込みはまったくのウソ。よくあるネット上のデマ情報と同じく、愚か者が真犯人を装い、面白おかしく自己顕示欲のために書き込んでいることは間違いないでしょう。振り回される必要はありません。

――そこまで断言できるのですね!