国民14億人を“ランク付け”する監視システムがもう発動していた! 低評価だと電車にすら乗れず、大学にも… 超ヤバい!=中国

 犯罪の解決やそれ自体を未然に防ぐ“頼もしい”防犯カメラは、商業施設にとどまらず商店街や一般道にも設置されるようになったが、中国国内ではその防犯カメラをはじめとする最新の技術を用いた驚くべきシステムが試されている。9月19日付の「Daily Mail」で報じられたニュースをご覧いただきたい。


■暮らしの全てがポイント制!? 『ブラック・ミラー』中国版!!

国民14億人をランク付けする監視システムがもう発動していた! 低評価だと電車にすら乗れず、大学にも… 超ヤバい!=中国の画像1これが現実になったら…… 画像は「Amazon」より

 2011年の放送から現在まで世界で配信されて話題を呼んでいる、チャーリー・ブルッカ―氏原作の『ブラック・ミラー』という1話完結のドラマ(Netflix)をご存じだろうか。ある話では、近未来の人間社会で個人の言動全てがポイントとしてカウントされ、各々の持つ点数を管理する政府によってランク付けされ、ポイントに踊らされ転落していく様や、ランクの低い者達を待ち受ける未来、そしてシステムを操る側と操られる側の人間模様が展開し、理想郷を意味するユートピアの真逆を表すディストピアという言葉にふさわしい社会が描かれている。

 しかし、そのディストピアン・フィクションが今、現実に起こりつつあるのだ。

 中国で物議を醸す社会信用制度が話題になっていると報じたのは米ABCだ。14億と言われる膨大な数の国民全員が何を思い、行動しているのか全てをつぶさに監視するシステムが2020年までに完全に運用できるようになるという。

 そのシステムとは政府が定めた法の下に暮らし、最高点を800点とするスコアの上位を目指すものである。例えば500時間以上の地域奉仕をこなす、また献血をする、中国産の製品を購入して国に貢献するとスコアが上がる。国民の中のトップクラスという評価を持つ人々は空港でのVIP待遇やローンの割引、ホテルやレンタカーでの頭金免除にエリート大学への特別待遇などを受けることができる。

国民14億人をランク付けする監視システムがもう発動していた! 低評価だと電車にすら乗れず、大学にも… 超ヤバい!=中国の画像2中国国内に設置された防犯カメラ。近い将来、全ての人間をこうして観察するのか 画像は「YouTube」より

 逆に詐欺や脱税を行う者や禁煙エリアでの喫煙、酒類やビデオゲームなどの政府が承認していない物品を購入する者はスコアが下がるのだ。

 スコアが低い者は高収入の職業につけず、高速インターネットのサービスも受けられない。それどころか自分の子どもを教育水準の高い学校へ通わせることもできない。つまり、あらゆるサービスから締め出されてしまう。

 企業については、税金や公共料金を期日前に支払えば社会的に信用度が上がり、政府から恩恵を受けられるという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ