セックスドール会社「死んだパートナーのレプリカ」が売れ筋商品だった! 社長「3Pしてみたい人にも需要」

 イギリス初のセックスドール販売・レンタル会社が設立され、現地では大きな話題となっている。会社を立ち上げた女性起業家が語る意外な“ニーズ”とは?

セックスドール会社「死んだパートナーのレプリカ」が売れ筋商品だった! 社長「3Pしてみたい人にも需要」の画像1ドールの手入れをするジェイド・スタンレー氏。画像は「Birmingham Live」より引用

■女性社長のセックスドール会社

 イングランド中部ウスターシャー・ブロムスグローブ在住のジェイド・スタンレー氏(35)は4人の子を持つ35歳の女性で、以前より通販会社を経営する女性起業家である。彼女は先月、新たにセックスドールの販売・レンタルサービス「Sex Doll Official」を開始した。セックスドールの販売会社はこれまでにもあったが、レンタルサービスはイギリスでは初の試みなのだそうだ。

セックスドール会社「死んだパートナーのレプリカ」が売れ筋商品だった! 社長「3Pしてみたい人にも需要」の画像2画像は「Daily Star」より引用

 レンタルは一週間で345ポンド(約5万円)で、好みのドールを選んで注文すると配達される仕組みとなっている。対象となるドールは女性モデルがほとんどだが、男性モデルも存在する。返却後は人工膣が交換され、洗浄されて次の注文に備えるシステムだ。販売の場合は、顔や体型などを自由自在にカスタマイズ可能だという。およそ4000ポンド(約59万円)ほどで、髪や目の色はもちろん、爪の色や体重、傷跡、歯並び、タトゥーなどにも対応できるという。すでに多くの問い合わせがあり、20件以上の予約が入っているとのことだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ