2019年ノストラダムスの予言を大公開! 移民押し寄せ日本滅亡、最高気温100度、地震連発、寿命は200歳に…!

2019年ノストラダムスの予言を大公開! 移民押し寄せ日本滅亡、最高気温100度、地震連発、寿命は200歳に…!の画像1画像は、「Yearly-Horoscope.Org」より

 今年も残すところあと2カ月余りとなったが、来年2019年がどのような年になるのか気になる人々も多いだろう?

 大予言者ノストラダムスは、世界を滅亡の恐怖に陥れた「1999年 人類滅亡大予言」以降も、引き続き我々人類に多大なる影響を及ぼしており、そのブームは止むことがない。そもそも、四行詩から成るノストラダムスの大予言は抽象的で難解であるため、このほど発表された「2019年のノストラダムス予言」にも若干抽象的な表現が含まれていることは否めない。

 そこで今回は、予言研究家である筆者・白神じゅりこが、この「2019年のノストラダムス大予言」の内容を独自の視点で詳しく解説しよう。まずは、来る2019年が、総合的に見てどのような年になるか、ノストラダムスは次のように語っているようだ。


■2019年はどんな年になるのか?

 ノストラダムスによると、2019年は“調整”の年になるという。地球環境や経済そして生命など、すべてにおいてこの先、繁栄するための調整が開始されるようだ。つまり、悪い事が起きたとしても、それは今後のための土台を整えるキッカケということだ。

 では、2019年にはどのような悪いことが起きるのか? 世界の研究者たちの解釈を総合すると、2019年は地震とハリケーンがアメリカの多くの州(フロリダ、ジョージア、サウスカロライナ、テキサスなど)で起きるという。特に、1月、4月、7月、10月は大事件が起きるので要注意が必要である。

 さて、次はいよいよ「2019年のノストラダムス大予言」、その内容をわかりやすく9項目に分けてご紹介しよう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ