米政府の超能力者が見た「人類の起源」4つの新事実に驚愕! 恐竜よりも前、宇宙人が遺伝子編集で“プロトタイプ”を…

originhu_01.jpg画像は「Collective Evolution」より引用

 本当に人類はサルから進化してきたのだろうか? 実は、人間とその他の動物の間には絶対的な違いがあるのではないだろうか? そもそも、進化論は絶対に正しいのだろうか?

 そんな疑問に対する1つの回答がここにある。オルタナティブサイト「Collective Evolution」によると、実際に人類の起源をその目で見た人物が存在し、しかもそこには現代科学からは考えられない驚愕の光景が広がっていたという。

originhu_02.jpg未来を透視する』(ソフトバンク クリエイティブ)

 FBI超能力捜査官として知られるジョー・マクモニーグル氏は、稀代の透視能力の持ち主として知られる。その能力によって解決した事件は枚挙に暇がなく、未来の出来事も的確に透視することが可能だ。

 そんなマクモニーグル氏は1983年に人類の起源も透視していたのだ。その結果は次のようなものだ。

・ 恐竜がいた時代より3000万年~5000万年前
・ 人類のプロトタイプは身長4フィート程度、二足歩行、知性はありそうだが頭蓋骨が小さい
・ このプロトタイプは “研究所”あるいは”船”で作られた
・ ヒューマノイド型の宇宙人が遺伝子編集をして人類の原型を生み出した

米政府の超能力者が見た「人類の起源」4つの新事実に驚愕! 恐竜よりも前、宇宙人が遺伝子編集で“プロトタイプ”を…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで