• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
flow_1.jpg
イメージ画像:「gettyimages」より

 サッカーでゴール前のボレーシュートが決まった瞬間や、バスケットボールで試合終了ギリギリで逆転シュートが決まった時など、選手は最大限の集中状態である“フロー”の状態にあるといわれている。試合を決定づけるシュートのように物事を成功に導くのがフローだが、どうすればうまく活用できるのだろうか。


■フローに入るための3つの条件

 ハンガリー出身でアメリカに帰化した心理学者、ミハイ・チクセントミハイ氏によって1970年代に提唱された精神状態がフロー(flow)である。

 チクセントミハイ氏の定義によれば、フローとは他にいっさい何の問題もなく活動に携わっているさまであり、我欲は消え去り、時間は飛び、ジャズを演奏しているかのようにすべてのアクションと動きが連綿とつながり、存在全体が関与し、スキルを最大限に発揮している状態である。

 つまり何らかの活動に没入している状態であるフローは、本質的に報われる行為であるということだ。つまり仕事などに活用できれば実益をもたらすものになる。

effortlesscreativity1.JPG
Big Think」の記事より

 ではどうすればフローの状態に入れるのか。チクセントミハイ氏によればフローに入るために必要とされる3つの条件があるという。

1・活動には明確な目標と手順が必要で、加えて方向の指示と適切に行動できるための環境が求められる。
2.目下の課題には明確かつ即座のフィードバックが必要である。これにより進化生成する性質の課題に適時対応でき、どの程度うまく対処できているのかを知ることができる。
3.挑戦する課題と個人の技能とはバランスがとれていなければならない。

 つまり、スポーツの試合中のように活動に専念できる環境が整っていて、関連するあらゆる情報がすぐに示され、そして課題が簡単すぎず難しすぎない時にフローに入りやすくなるのだ。

 いったんフローに入ればきわめて集中した状態になり、活動に没入できる。意識と動作が一体化し、自動的に動いているかのように感じる。それでいて突然の変化にも反応することができ、それが功を奏した場合は心の底からの喜びがもたらされる。

 下のグラフは挑戦レベルとスキルレベルの二軸でメンタルの状態が表されている。右上にある「フロー」は高度なスキルを持った者が高難度の課題に挑んでいる時に起りやすい精神状態ということになる。しかし高い難度といってもそれは相対的なものであり、まったく歯が立たない難しい課題に挑んだ場合はフロー状態には至らず、対極の「不安(Anxiety)」となる。

effortlesscreativity2.JPG
Big Think」の記事より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。