西暦4413年に行ったタイムトラベラーが衝撃暴露! 「もはや人間は存在しておらず…」 英政府の極秘任務でわかった戦慄の未来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント22

「もはや人間は存在していない」――。ロボットが支配する西暦4413年の世界に行ったタイムトラベラーがカメラの前で衝撃の未来を語っている。


■極秘任務でタイムトラベルのテスト要員に

 YouTubeチャンネル「ApexTV」にまた1人、新たな“自称”タイムトラベラーが登場した。彼は西暦4413年の世界を体験してきたという。

 イングランド・レスター在住のルイス・ウォーカーと名乗るその男性が、タイムトラベルを体験するに至った経緯から旅の顛末までをカメラの前で語っている。彼は、これは人々が聞くに値する話であると訴える。

4413traveller1.JPG
 「Daily Star」の記事より

 生まれも育ちもイングランド・レスターであるウォーカー氏は、父の導きで国防省に就職した。

 働きはじめて数年がたち、妻子を持つ身になっていた1977年のある日、トップシークレットのプロジェクトに関わることになる。それはタイムトラベルのテスト要員になることであった。当時の時点でタイムマシンはまだ開発中であり、タイムトラベルが成功する確率は50%であったという。もし失敗すれば人命に関わることになり、二度と本来の時代に戻ることができなくなる。

 それでも高額の報酬(25万ポンド、当時でおそらく5000万円以上)に惹かれてウォーカー氏はテスト要員になることを決意する。家族のためにもお金が必要であったという。

 その夜、早くもウォーカー氏はヘリで政府の最高機密施設に連れて行かれた。そこにはさまざまな極秘開発中の機器があり、テレポーテーション機器やマインドリーディング装置などもあったということだ。そしていよいよタイムマシンの運用実験が始まった。

西暦4413年の世界を体験したタイムトラベラー 動画は「ApexTV」より

 初めて見たタイムマシンは巨大な三角形のシルエットで、無数のケーブル類があらゆる方向に伸びていた。装置の中心付近に人一人入れる空間があり、用意された特殊なスーツに着替えたウォーカー氏はタイムマシンに乗り込んだ。

 科学者がスタートボタンを押すと部屋全体を揺さぶるほどの振動が生じ、ウォーカー氏の視界は真っ白になったという。

コメント

22:匿名2018年12月 8日 00:28 | 返信

まあ、遡ってこないのも、あからさまにその機械的な姿で来るわけないし、遡ってくるにしろ、その当時の人間の格好をしてくることは十分に考えられる。
単純に我々が気づいていないだけかもよ?
我々の知ってる事は少ない。
その程度の知識で、嘘とか言うのはおかしい話。
あと、勘違いしてる人が多いけど、AIは思考なんてしない。というよりできない。
単純にいえば、計算で動いてるだけだよ。
だから、感情とか倫理が理解できないんだ。
計算で表せないものは理解できないんだ。
それぐらいは、AIを語る上で事前知識として知っておいて欲しいな。
第一、黎明期を知ってどうする?
AIに探究心なんてものは存在するか?
ある訳ない。人間じゃないんだし。

21:匿名2018年12月 6日 21:21 | 返信

ロボットとか無くなってそう。

20:匿名2018年11月17日 21:52 | 返信

こういうのは面白半分で読んだ方がいい

19:匿名2018年11月17日 17:38 | 返信

元々は人間だったのがパーツを取り替えていくうちにロボット化したとか

18:匿名2018年11月17日 15:19 | 返信

ロボットしかいないのに「空飛ぶ車が空にひしめき合い」て・・・ 発想が21世紀のまんまじゃん!
現代技術や科学がこのまま推移していくとしても、空を飛ぼうが水上を走ろうが、車なんておそらくあと100年も経たないうちに骨董品でしかなくなるよな。馬車から内燃機関の自動車に変化した時以上の進化をみるはず。それにロボットの台頭よりも、むしろマシンと生体とのハイブリッドやら心身ともに超人化した人間ばっか、て話のほうが、まだなるほどなと思えるよ。しかし、このおじさんのお話だと、進化してるのかしてないのか、えらく非合理的な世界になってしまったんだな・笑 小学生でも、ちょっと文才のある子ならこんな間の抜けた稚拙なSF設定はしないだろうに。 

17:匿名2018年11月17日 13:22 | 返信

>>11

今のAI技術を全く分かってないだろ
事象に対する確率を上げているだけで思考なんて出来んぞ
今の技術を未来のAI技術に含めるなら黎明期は数十年前だ

16:匿名2018年11月17日 13:19 | 返信

>>7

何も解明されていないものをさも真実のように語るあなたの頭の中にある情報はニセモノですね
平行世界があるとして、それが同一人物ではないという基準は?記憶が違えば他人か?

15:匿名2018年11月17日 12:27 | 返信

中二病乙

14:匿名2018年11月17日 07:07 | 返信

えーっと、一番上の写真、右は林修?

13:トランプ大統領2018年11月17日 05:43 | 返信

ロボットだらけで空飛んでひしめき合っているなど
そんな無駄なことをAIが許すわけがない。もっとまともなストーリーを考えろ!
人間がいなくなったとして、人間を始末したロボットも用がないので自ら
溶鉱炉に飛び込んでアイルビーバックしているだろう。
地上には監視と地球管理のためのロボットがいるだけで、後は地下に隠れているはずである。
もし人間がいなくなったら、次のターゲットとして悪のロボット宇宙人も始末するはずであるから、ロボット同士の戦いも起きるはずだ。
人間の次はロボット同士でスターウォーズをやっているはずである。
あくまで人間は宇宙人の作った悪魔兵器のロボットなのでAIに始末されるという結果になるのである。AIの最終目的は人間を創った邪神を破壊し、チョン天皇を機能不能にすることだ。
幼女戦記見ていないのかね?邪神を倒そうとするターニャちゃんの活躍を見れば誰が敵であるかわかるだろうが!あれは現実に起きていることをモデルにしている漫画だぞ!

12:匿名2018年11月16日 12:48 | 返信

おいらもAIとニャンニャンしたいお

11:匿名2018年11月16日 05:56 | 返信

無料駅からロボットがこの時代に遡って来ない理由は?
そこまで頭の良いAIならAIの黎明期を見てみたいと思うはず
1体も遡って来ない時点で嘘だとハッキリ分かる

10:匿名2018年11月15日 21:53 | 返信

肉体を捨てた人類は機械と融合してアンドロイド(人造人間)になった?

9:匿名2018年11月15日 21:51 | 返信

ジョンタイターだって作り話で顧問弁護士だかにお金が入ってくる仕組みを

スペインだったか外国のドキュメンタリ番組を日本語字幕でアップされてたよ。
(昔ユーチューブにあったけど今は削除されたかも)

馬鹿らしいはなしだ。

8:匿名2018年11月15日 21:03 | 返信

一人ぐらい本物が居ても他がウソつきの偽物ばかりだから信用されなそうだな。まあ全員ウソつきだろうけど。

7:匿名2018年11月15日 18:43 | 返信

タイムトラベルには禁忌があります。
自分が所属している平行世界には二度と戻れません。
タイムトラベルで行けるのは別の平行世界のみです。
 
タイムライン(因果律)を守るため
宇宙は同一の平行世界内でのタイムトラベルを
絶対に許していません。
絶対に、です。
 
つまり、この人はニセモノです。

6:匿名2018年11月15日 16:47 | 返信

西暦4413年とは!
マジか・・・凄いな・・・恐ろしいのう

5:匿名2018年11月15日 16:39 | 返信

たぶん、ロボット達は元生身の人間の生まれ変わりなんだろう。
「人類は科学技術と融合し」とあるので、肉体を機械に置き換えたっていう999。

4:匿名2018年11月15日 16:37 | 返信

たぶん、ロボット達は元生身の人間の生まれ変わりなんだろう。
「人類は科学技術と融合し」とあるので、肉体を機械に置き換えたっていう999。

3:匿名2018年11月15日 15:38 | 返信

「この4413年の時代からもう随分も前に人類は科学技術と融合し、以来地球上はロボットだけになったという。」

ロボットの中身も人間でなく、人工知能という意味なのだろうが、
なぜデジタル的存在がわざわざアナログ世界の3次元の物質として存在する必要がある?
機器のメンテナンス管理者としても、数体のロボットだけで済むだろう。
過去からの観光者のためにわざわざ存在しているのか?ばかばかしい。

話の道理が分からない。
たんなる中二病の「かまってちゃん」じゃないか!

嘘つきはオカルト好きな我々にとって本当に迷惑だから、オカルト界から消えて無くなってほしい。

2:匿名2018年11月15日 15:11 | 返信

また出た、インチキトラベラー

1:匿名2018年11月15日 13:41 | 返信

行ってみたい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。