• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 Netflixの人気ドラマシリーズが、視聴した10代の若者の自殺リスクを高めるとのではないかという研究結果が発表され、欧米で物議をかもしている。英「Independent」など複数メディアが取り上げている。

観たら死にたくなるドラマ? Netflix『13の理由』が原因で自殺をはかる10代若者が増加(最新研究)の画像1
画像は「Independent」より引用

■若者たちのメンタルヘルスに悪影響なドラマとは

 問題となっているのは米国の人気歌手で女優のセレーナ・ゴメスが制作総指揮を務め、Netflixが配信したドラマシリーズ「13の理由」である。女子高校生ハンナが自殺前に残したカセットテープの音声から、彼女をめぐる人間関係の暗部が徐々に暴かれていくという内容だ。2017年の配信直後から各国で大きな話題となっており、日本でももちろん視聴することができる。

日本語版予告編。動画は「YouTube」より引用

 ドラマでは米国の高校や若者たちが直面する数々の問題、例えばSNSを使ったいじめ、生徒間のヒエラルキー、酒や大麻、同性愛、性的暴行などが赤裸々に描かれる。2017年のシーズン1は高い評価を受けて今年5月にはシーズン2が配信されており、男性への性暴力や銃乱射事件といった描写が物議をかもしつつも、来年にはシーズン3の配信が決定している。

 あまりにリアリティが高すぎるためか、自殺してしまうハンナや彼女の死に苦しむ友人たちに感情移入する若者は多いようで、配信が開始された当初から「ティーンエイジャーに悪影響を与えている」と一部の教育関係者、心理カウンセラーなどから批判が起きていた。英「Independent」の2017年4月の記事によると、オーストラリアの青少年向けメンタルヘルス団体では、ドラマの配信開始以来、相談の電話やメールが急増したという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。