• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 ヨーロッパに古くから伝わる伝説の獣・ユニコーン。その伝承の元になったとされる古代生物エラスモテリウムのDNAが初めて解析された結果、この生物と人類が出会っていた可能性が高まったという。この論文は今月26日付で専門誌「Nature ecology & evolution」に掲載された。

【緊急速報】伝説の「ユニコーンのDNA」が初めて解析される! 人類はユニコーンと共存していた胸熱事実が発覚!の画像1
エラスモテリウム。画像は「Wikipedia」より引用

■実在したユニコーン

 エラスモテリウム(Elasmotherium sibiricum)はかつてユーラシア大陸に生息していた体長5m、体高2mほどの哺乳類で、巨大なツノを持つ体毛に覆われたサイの仲間である。額から長さ1mもの立派なツノを生やした姿から「シベリアのユニコーン」として知られ、ユニコーン伝説の元となったともいわれている。

 だが、エラスモテリウムがユニコーンと考えるには、一つ大きな問題がある。人類がシベリア周辺に到達する前に、すでに絶滅していた可能性が高いのだ。だが2016年にカザフスタンで見つかった化石は、放射性炭素年代測定で2万9千年前のものとされた。もしこの測定が正しいなら、人類の祖先はエラスモテリウムを目撃しており、それが後々まで伝わってユニコーンの伝承に転じたという説に信憑性が出てきたのだ。

 だが、この測定に用いられた頭蓋骨はコラーゲンが少なく、専門家の間では測定年代の正確さに疑問符が付けられていた。そこで今回、ロシアや英国などの専門家からなる国際チームは、シベリアで発見されたエラスモテリウムの骨23個の放射性炭素年代測定と、DNAの抽出・分析を行い、その配列から年代を推定したのである。

 すると、その結果は驚くべきものだった。まず、エラスモテリウムは現代のサイとは4千万年以上前に分かれた独自の系統であった。そして、推定されたエラスモテリウムの生息年代は3万5千〜3万6千年前であり、これは人類がロシアやカザフスタン、中国、モンゴル付近に住み始めた後になる。つまり、この地域でエラスモテリウムと人類は共存していたことになるのだ。

コメント

5:匿名2018年11月28日 10:45 | 返信

ユニコーンなんて、ただ角の生えた馬だろ?
実物居ても驚きもしないわ。実在してたんじゃね?
ペガサスは生物としてあり得ないから架空だろうけどな。

4:匿名2018年11月28日 08:40 | 返信

巨人伝説もネアンデルタール人だろうしね

3:臭い自演の家は永遠に風呂掃除だそうでww2018年11月27日 22:40 | 返信

ユニコーンって実は精霊だったんじゃないかと思う。今の時代、ユニコーンを作り出す技術はあるでしょうけど危ないよね 獣だから

雷に注意しなきゃw

2:匿名2018年11月27日 21:40 | 返信

角の生えた馬の頭蓋骨は日本の馬博物館にあるけどね。

もう、馬の奇形児がユニコーンのモデルになったでいいんじゃないかな?

1:匿名2018年11月27日 17:27 | 返信

釣り記事

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。