• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
2020_6.jpg
画像は「気象庁」より引用

 先月から今月にかけて、紀伊半島から四国で不穏な地震が相次いでいる。気象庁は10月7日、これら最大M5クラスの地震について、プレートの“滑り”がゆっくりと起こる「スロースリップ」による可能性が高いと発表した。しかし、これが「南海トラフ巨大地震の前兆ではないのか」と懸念する人も多いようだ。「南海トラフ巨大地震は2020年までに起きる」と主張する学者もいる現状、この事態を決して看過することはできない。今回じっくり考察してみよう。


■スロースリップとは何か?

2020_2.jpg
画像は「気象庁」より引用

 俗に「ゆっくり地震」「ゆっくりすべり」「スロー地震」などとも呼ばれるスロースリップ現象。海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む地帯では、プレート同士の圧力によって固定されているが、それがあるタイミングで一気にずれるのが通常の地震であるのに対して、ずれがゆっくり起きるのがスロースリップ現象である。

 先月から、紀伊水道から愛知県にかけて地震が目立っており、今月2日には紀伊水道でM5.4、最大震度4の地震が起きた。気象庁は7日の検討会で、今年9月18日以降に東海から紀伊半島~四国一帯で、プレート境界付近を震源とする「深部低周波地震」(かすかな揺れのみ)を観測していることを明らかにした。GPS衛星の観測データと、海底に設置した音響観測装置のデータ分析によって、「紀伊水道沖に沈み込むプレート境界でスロースリップが起きている可能性が高い」という。

2020_3.jpg
画像は「気象庁」より引用

 では、今回のスロースリップ現象は巨大地震の前兆なのだろうか? アムールプレート(旧概念ではユーラシアプレート)の下にフィリピン海プレートが沈み込む南海トラフ周辺では、これまでも頻繁にスロースリップが起きていた地域もある。浜名湖付近では、2000~2004年にかけて長期的スロースリップが発生したが、これが東海地震発生の前兆ではないかと指摘する学者もいた。さらに2006年1月には、紀伊半島~愛知県で短期的スロースリップが発生、西から東へと活動範囲が移動して行った。

 緩やかに小さな地震が発生することよってプレート間のひずみが解消されるならば、そのエリアでは地震を引き起こす潜在的エネルギーが減り、巨大地震のリスクが低減されると思いたくなるところだ。たしかにそのようなケースもあるが、話はそう簡単ではない。

コメント

11:匿名2018年12月 5日 22:56 | 返信

なんでもいい
私を殺して
助けて
生きてる事が不安で怖い

10:事故物件の家がウンコ臭 浴室 3:50分から2018年12月 2日 04:07 | 返信

トカナが書くとそれは起きないとなる可能性もある。こうゆう事が起きる予測をテレビでやると防災グッズがよく売れるという宣伝になるだろうね。
日本の断層はとてつもなく多くある
何がいつ起きるかヒヤヒヤものでしょう

9:匿名2018年12月 1日 23:08 | 返信

百瀬さん、いざとなれば海外に移住できる人だもんね。もし起きたら、日本は西日本が一気にやられる。これ大問題。

もしかして逃げれる特別な建物が必要?
例えば、水に浮くカプセル

8:人から借りてる賃貸物件なのにね(糞)2018年12月 1日 23:03 | 返信

記事からしてクッサ
てか、多分、ここ半世紀はおきないはず。

7:匿名2018年12月 1日 22:57 | 返信

>>3

つまり記事を書く事によって南海トラフ巨大地震を防いでいる?

6:匿名2018年12月 1日 21:37 | 返信

化学ねぇ

5:匿名2018年12月 1日 21:16 | 返信

百瀬の記事は科学的だったりスピ系の題材をもとに憶測してる
いわば検証、確率的にあり得る提示でしかない
アホがいったもん勝ち程度でコメするが事が起きてから後悔しても遅いからな
預言予測てのは外れるのが当たり前、未だに台風進路予想すら正確に出来ない化学力なんだから
百瀬は批判恐れない立派な精神を持っている

4:匿名2018年12月 1日 18:40 | 返信

再び記事連発で調子が戻ってきたなw

3:匿名2018年12月 1日 18:22 | 返信

この人が記事を書けば書くほど外れるね

2:匿名2018年12月 1日 18:10 | 返信

地震で津波きて足の水虫臭くなってたら
恥ずかしいから地震来る前に水虫治した方がいいよ

1:匿名2018年12月 1日 16:47 | 返信

百瀬くんは危なくなったら奥さんの実家があるからいいよね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。