【パリ暴動デモ】「黄色いベスト運動」はまだ甘い! バス轢き殺し、怒りの鉄拳制裁… 過激デモが招いた最悪の結末2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
【パリ暴動デモ】「黄色いベスト運動」はまだ甘い! バス轢き殺し、怒りの鉄拳制裁… 過激デモが招いた最悪の結末2選の画像1画像は「ANNnewsCH」より引用

 現在フランス・パリでは、ガソリン税の引き上げに対する抗議デモが大規模暴動に発展している。デモ参加者らが、運転手が着用を義務づけられている黄色いベストを身に付けていることから「黄色いベスト運動」とも呼ばれているが、自動車への放火、店舗の略奪、凱旋門への落書きなど暴徒化し、1日のデモでは133人もの負傷者が出ているという。沈静化の兆しはまだまだ見えず、被害は今後さらに拡大、死者が出る恐れもあるだろう。

 こうした歯止めの利かないデモ・暴動は時として惨事を招くことがある。過去にトカナで取り上げた痛ましいデモ・暴動事件を今一度振り返りたい。

【閲覧注意】デモ参加者の学生、警察官2人を大型バスで迷わず轢き殺す=ベネズエラ

 ベネズエラではデモに関する事件が頻発しており、2014年5月には首都カラカスで、反政府デモの拠点を襲撃した警察官とデモ隊が衝突、警察官が首を撃たれて死亡した。この時、死亡には至らないまでも別の警察官も撃たれ、鈍器で殴られるなどして重傷を負っている。また翌年2月には、タチラ州サンクリストバルでニコラス・マドゥーロ大統領への抗議デモ中に14歳の少年が頭を撃たれて死亡する事件も発生している。

 そうした状況の中、今度は警官2人が大型バスに轢き殺されるという悲惨な事件が発生してしまったのだ。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

2:匿名 2018年12月4日 09:44 | 返信

>> 1

同感!
水道も民営化され海外に売られてしまう時代
国民は大人しいどころか何をされても黙ったまま

1:匿名 2018年12月4日 04:09 | 返信

海外では、嫌な事に対しては、反対運動が起きる。

日本が韓国に見習う唯一の事は、前政権を国民のデモで退陣させた事。
安倍政権に酷い扱いを受け続けている日本国民がおとなしい為、やりたい放題!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。