CIAが犬の遠隔操作に成功していたことが発覚! 頭に電極埋め込み…おぞましい犬体実験「MKウルトラ」資料公開!

関連キーワード:

,

,

,

 かつて、アメリカで極秘裏に行われていたマインドコントロール実験「MKウルトラ」の新資料が発掘された。それによれば、CIAは犬の遠隔操作に成功していたという。

CIAが犬の遠隔操作に成功していたことが発覚! 頭に電極埋め込み…おぞましい犬体実験「MKウルトラ」資料公開!の画像1イメージ画像は「Getty Images」より引用

■犬の頭に電極を……

 MKウルトラに関する資料を新たに公開したのは、米国の情報公開法(FOIA)に基づいて政府の機密資料の開示請求・公開を進めている「The Black Vault」である。米「Newsweek」(12月7日付)によると、その中に犬の遠隔操作に関する資料が存在していたという。問題の資料は、1967年付で作成された「Remote Control of Behavior with Rewarding Electrical Stimulation of the Brain(脳の電気刺激による報酬を用いた行動の遠隔操作)」と題するレポートだ。「The Black Vault」のサイトから、誰でもPDFがダウンロードできる。

CIAが犬の遠隔操作に成功していたことが発覚! 頭に電極埋め込み…おぞましい犬体実験「MKウルトラ」資料公開!の画像2電極の模式図。画像は「Newsweek」より引用

 このレポートによると、研究は拘束していない犬の行動を制御する目的で行われた。実験では、6匹の犬が頭蓋骨内に電極を埋め込まれた。電極は頭蓋骨と歯科で使われるセメントで固定されており、電極から伸びたリードは肩甲骨あたりの皮膚から外に出て、電池パックと刺激装置の搭載されたハーネスと接続していた。なお、この処置により感染症を起こした犬がいたようだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ