「007ジェームズ・ボンドは重度のアル中」飲酒シーン分析で判明! 酩酊状態でのセックスも危険…!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ボンドの血中アルコール濃度が最も高かったシーンはシリーズ22作目「慰めの報酬」(2008年)で、飛行機で移動中に6杯のカクテルを飲んでいるという。このシーンにおける推定血中アルコール濃度は0.36 g / dLで、これは死を招きかねない危険な数値であり、翌日のパフォーマンスを損ねるのは確実な量だという。が、そこはさすがボンド。少し酔っている程度にしか見えない。

1213bond-2.jpg画像は「Daily Mail」より引用

 ウィルソン氏らは、ボンドがアメリカ精神医学会による診断基準「DSM-5」によるアルコール使用障害の判断基準を6つ以上満たしており、彼が重症である可能性を示した。そして、「MI6は職務中のボンドにアルコールを提供すべきではない」と指摘した。

 実は作中でも、MI6のレポートの中に、ボンドの肝臓が悪いことやアルコールや薬物依存の傾向が指摘されているという。MI6に産業医がいるのかは分からないが、論文では「ボンドのストレスレベルを下げるため、彼の職務内容を見直すべきだ」と勧告している。論文は「The Medical Journal of Australia」に掲載され、2018年のクリスマスコンペで優勝したという。

 ポリコレの影響で、最近の映画では喫煙シーンがNGになってきているというが、飲酒シーンもいずれ同じ道をたどるのだろうか? しかし、酒を飲まないジェームズ・ボンドなどあまり様にはならないだろうし、かといって泥酔した挙句に二日酔いでトイレにうずくまるボンドも見たくはない。フィクションは必ずしも現実に即す必要はないのだ。

(編集部)

参考:「Daily Mail」「The Medical Journal of Australia」「Otago University」ほか

コメント

1:ネット民特有の「○○さんが言っていたから」とか「権威のある○○さんが言っていたから」とか「ほとんどの人がそう言ってるから」とか心の底から嫌い!お前ら自分の意思はないんかい 2018年12月14日 18:27 | 返信

酒でもタバコでも医薬品でもやりたいやつはやればいいんですよ。結局誰かが止めてもやりたいやつはやるのだから。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。