WTF! 本当に素晴らしい“トライアングルUFO”が激撮される! 謎の輝き、脅威のスピードで…専門家「これは本物」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 今月3日、オーストラリア在住のリー・スティーブンズさんが奇妙すぎるUFOを撮影し、即日動画をYouTubeに投稿した。

動画は「YouTube」より引用

 スティーブンズさんが撮影した動画はおよそ5分。撮影場所は西オーストラリア州のカルグーリーとのことだ。雷鳴が轟く嵐のなか彼が何をしていたのかは分からないが、異変が起こったのは3:03頃。奇妙な音とともに黄色い光が突如上空に出現したのだ。一体これは何なのだろうか?

 世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏はUFOに違いないと持論を展開している。

「科学者にはこの現象が理解できないでしょうが、これは地上から飛び立つトライアングルUFOです。飛び立つ際の驚異的なスピードを見てください。あまりにも速すぎてUFOが地上に着陸したと錯覚する人もいることでしょう。ところで、このUFOは意図的に嵐を引き起こし、人々が家から出ないようにしました。そうすることで目撃されるリスクが激減するからです。宇宙人は神でも天使でも悪魔でもありません。血と肉を持つ知的生物なのです。ですから、今回のように人間に目撃されるというミスも犯します」(ウェアリング氏)

画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 YouTubeユーザーらも驚きを隠しきれない様子だ。

「素晴らしい映像だ!」
「びっくりして飛びのいちゃったよ」
「何か巨大なエネルギー体のようだ」

コメント

5:匿名2019年1月10日 08:04 | 返信

なんでもかんでも無知蒙昧に騒わがないのさ、地上のライトの光で照らされているダイナソーのような形のバルーンだろうさ。それにしてもスマホのたて画面てすごく『頭悪そう』に見えるね、おバカの撮影って風な幼稚さが溢れ出している。

4:匿名2018年12月22日 18:01 | 返信

※3の言うとおりだ
これ撮影している本人たちはわかっている
なにせ肉眼では見えないのだからw

3:匿名2018年12月15日 21:38 | 返信

光が現れる一瞬、画面下全体が奇妙にゆがむ。つまり、レンズに雨粒が当たったってこと。正面に見える街灯が、雨粒でにじんで見えたのでしょう。

2:匿名2018年12月15日 07:17 | 返信

これだけではUFOとは断言出来ない。ウエアリングは、なんでもUFOだって言い切るただのアホ❗

1:匿名2018年12月14日 21:16 | 返信

日本のパチンコ屋みたいに
地上から強力な光源(たぶんレーザー)で空に光を放ってるだけで
それが雲にあたってたまたま三角に見えてるだけじゃん。。。

専門家も一体なんの専門なんだかなぁ。。。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。