脱いだチンパンジーの肉体が美しすぎて筋トレ厨涙目! ヒトの4倍強い筋力で獰猛…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■「ライバルを抹殺しようとする本能がある」

 ここで、毛のないチンパンジーの動画をご紹介しよう。2016年、英国アザーストーンの「トゥイクロス動物園」で撮影されたものだ。チンパンジーの筋肉パフォーマンスを観察するにはもってこいだが、そこに映し出されているものには言葉を失う。2匹の毛のない猿たちが、同じ群れの12匹をアタックしているのだ。甲高い奇声を発しながら、仲間を追いかけ回し、歯ぎしりする凄まじい姿。

チンパンジーの筋肉パフォーマンス 動画は「YouTube」より

 世界的に著名な霊長類学者ジェーン・グドール博士も論文の中で「チンパンジーには、ライバルを抹殺しようとする欲求、捕食に近い本能がある」と発表している。

 毛のないものが毛のあるものに嫉妬して、大暴れしてるという見方もできるが、専門家も首をかしげるばかり。わかっているのは、2匹のチンパンジーが、“脱毛症”を患っているということだ。チンパンジーの脱毛症は、ストレスやトラウマが原因で起きる。これは人間も同じ。いずこも生存競争は熾烈ということだろう。

脱いだチンパンジーの肉体が美しすぎて筋トレ厨涙目! ヒトの4倍強い筋力で獰猛…の画像3The Sun」の記事より

 一応ネタバレは避けるとしても『猿の惑星』の衝撃的なラストシーンは、あまりに有名だ。人類の犯した大きな過ちは、やがてその子孫たちが償うことになる――類人猿たちとは、仲良く親戚づきあいしてゆきたいものだ。
(文=佐藤Kay)


参考:「The Sun」、「Telegraph」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。