米デンバー国際空港は新世界秩序NWOの中心地! 壁画は「戦後世界の無残な破壊」を予告していた!

関連キーワード:

,

,

「なぜか」は私にも分からないが、そのことはハリウッド映画の中に大量の「9.11サイン」が仕込まれている事実からも見て取れよう。

米デンバー国際空港は新世界秩序NWOの中心地! 壁画は「戦後世界の無残な破壊」を予告していた!の画像2

 よって、同じように、彼らが何らかの極秘プランをこっそりと暗示する場所としてデンバー空港を選んだとは考えられないだろうか。その理由は二つ考えられる。

 一つは、デンバーが全米の地下ネットワークの中心地であること。これは来るべき新世界に関係している。もう一つは、空港が人々にとって「旅立ちの出発点」であること。これは人々に「行き先は新世界」を示唆する場所として、うってつけだ。

 だから、彼らは不可解なシンボルを多用し、私たちに「何か」を伝えている。中でももっとも不可解なのはターミナルにある4枚の「壁画」である。作者はレオ・タングマという画家で、画題は「子供たちの世界」(Children of the World)

 彼は4枚の壁画に何らかの「意味」を込めた。しかも、それは彼自身の考えというより、スポンサー(=フリーメイソン)の考えを反映したと思われる。ちょうど、大聖堂の壁画が、カトリック教会の考えに基づいて制作されているように。

 私たちは4枚の壁画を見た瞬間、そこに何らかの終末的な意味が暗示されていることを漠然と理解できる。しかし、スポンサーの意志や計画まで読み取ることは容易ではない。なぜなら、この壁画は見る側の“解読”を必要とするからだ。

「どうだ、われわれはこっそり知らせているぞ。悔しかったら解いてみろ。だが、おまえたち愚かな民衆では解けまい」……と、上の「9.11サイン」の時のように、支配者側は私たち民衆をどこか嘲笑している感がある。もしや計画を事前に暗示する行為は、「民衆の愚かさ」を嘲笑って楽しむための、彼らなりの娯楽なのかもしれない。

 逆に“予言解読者”からすると、これほど解読しがいのある謎はない。だから、このミステリアスな壁画の含意を明らかにして、少しでもやつらの鼻をあかしてやりたい。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ