米軍が「遺伝子編集モンスター生物」を海にバラまく計画を発表! 潜水艦を一発感知、中国との核戦争を想定か!

米軍が「遺伝子編集モンスター生物」を海にバラまく計画を発表! 潜水艦を一発感知、中国との核戦争を想定か!の画像1画像は「Getty Images」より引用

 米軍が遺伝子を編集した「モンスター生物」を海にばら撒くという驚愕のニュースが飛び込んできた。彼らは一体何を考えているのだろうか?

 米国防情報メディア「Defense One」(12月1日付)によると、米軍の目的は遺伝子編集をした微生物を海にばら撒くことで、敵の潜水艦などを効率的に発見することだという。広大な海で敵の潜水艦を検知することは難しい。そこで海そのものに監視の目を張り巡らせるということだ。

 具体的には、マリノバクターと呼ばれる海に広く生息する微生物の遺伝子を、潜水艦などが残す特定の物質(金属、燃料、人間のDNA、海に存在しない分子など)に反応するように編集するのだという。反応は微生物の電子損失として現れ、潜水ドローンで検知することができるそうだ。

 同研究に携わる米国海軍研究のサラ・グラヴェン氏によると、軍事利用に向けた微生物の研究には、今後1年半で確固としたエビデンスが出るという。グラヴェン氏がそう断言できるのには2つの理由がある。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ