『エコノミスト2019』表紙に描かれた3つの経済予言、専門家が解説! PayPay、ロスチャイルド、NWO、第三次世界大戦…!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 そして見落としていけないのはイギリスを象徴するブルドッグが座り込んでいる場所である。それが地球儀の上のカナダに位置する場所である。実はカナダはトランプ大統領の政策によって北米自由経済協定(NAFTA)の枠組みの見直しを余儀なくされ、アメリカとの貿易上の様々な利権を取り上げられる状況へと追い込まれている。

 そこに新たに接近するのがイギリス政府ということになる。日本への影響としては、イギリス、カナダ、インドの経済同盟が一番経済的な影響が大きい三国ということになろう。産業的にはITに加えて自動車産業がこの新同盟で大きな影響を受けることになる。日本がアメリカ市場をあいかわらず重視し続けるか、それとも新イギリス連邦へとある程度の重心を動かしていくべきか、日本企業はその選択を迫られることになろう。

■PayPay騒動の裏側にあるもの

 さて3つめに日本経済に関連する符牒が、今年の一番のモチーフであるダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」の男性の左手に描かれている。この左手(向かって右側)にはスマホ決済を象徴するQRコードが表示されたスマホと、富の格差が2019年もさらに拡大することを暗示した「天秤にかけられた人々」のアイコンが描かれている。

1812economist-5.jpg画像は「The Economist Store」より引用

 孫正義氏が2018年末にしかけたPayPayの100億円キャンペーンに踊らされた読者の方も多いかもしれないが、実はあのPayPayはロスチャイルドの指示で日本のキャッシュレス社会化を推進するための行動計画の一部だったと言われている。その見返りにソフトバンクは上場による2兆円の現金を手にしたらしい。

コメント

6:匿名 2018年12月28日 10:11 | 返信

いくらホラでも日本中心にエコノミストが描くわけないだろ
富士山は、どう関係するのかわからないからあの位置だろうな、エコノミストの表紙はずっと見てるけど何の予言でも無いし、全然当たってない、エコノミストは日本をほとんど描いてないぞ、今回富士山で現れたくらい

5:匿名 2018年12月28日 02:09 | 返信

ピノキオは日本じゃないと思う。七三分けって日本だけだっけ?そうだとしたら日本が嘘をついて大ごとになる予兆だけど。
戦争が起きないのに武器の売り買いがまだ続くのなら、経済の半分は武器ビジネスだとしたら
つまらない世界だ本当に。

キャッシュレスは反対はしないけどね。ポイントも何もかもがキャッシュレスになれば手荷物が減る。日本は老人が多いからそうゆう社会の仕組みについてこれるかが問題。

4:匿名 2018年12月27日 18:28 | 返信

ピノキオの顔が日本人?

3:匿名 2018年12月27日 18:28 | 返信

外せない事件なのか?
よその10大ニュースを扱う記事では、かすりもしてないぞ。
まあ、それがTOCANAの基準なんだな。
この後、TOCANAの考える10大ニュース等の記事にこの事が入っているかどうか、期待して待つ。

2:フランク ギウストラ 2018年12月27日 15:55 | 返信

ロスチャイルド家の内部でもマクロン(フランスロスチャイルド家の代理人)がガタガタになってるのを見ても必ずしも上手くは行ってないみたい。

1:archscanty 2018年12月27日 14:11 | 返信

人類は管理された社会へ向かうのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。