『エコノミスト2019』表紙に描かれた3つの経済予言、専門家が解説! PayPay、ロスチャイルド、NWO、第三次世界大戦…!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 とはいえこのトランプ大統領を武器セールスマンとして活用するこの計画、新世界秩序にとって気を付けるべき落とし穴もきちんと絵に描かれている。それがピノキオの鼻をしたアジア人だ。このアジア人の絵、西洋人にはわかりづらいが、日本人から見れば中国人でも韓国人でもなくあきらかに日本人の顔をしている。

1812economist-3.jpg画像は「The Economist Store」より引用

 さらに言えば七三の髪型から察するに官僚かメガバンクの行員を暗示しているようだ。それがピノキオのように鼻が伸びているということは「日本の取引相手は嘘をつくぞ」ということが注意点として示されているわけだ。

 何らかの欺瞞やすり替え、粉飾や不法なマネー取引、ないしは地検特捜部による介入などによって、せっかくのトランプ大統領による武器売り込みも、その成果を日本人にごまかされてしまう危惧がある。それに気をつけろというところまで2019年の表紙絵は予告しているのである。

■注目はイギリスの動き

 2つめに気を付けるべきはイギリスについての予測である。これはイギリスの話だと言っても実質的に世界経済の枠組み再編の話になるため、関係諸国に投資をしている日本企業には影響の大きな話になる。

 表紙絵の中ほど左側にはイギリスを象徴するブルドッグの横に「ブレグジットを越えて」という文字が描かれている。その近くにはマハトマ・ガンジーとインド象が描かれ、そのインド象の牙は右肩上がりの折れ線グラフの意匠にデザインされている。

1812economist-4.jpg画像は「The Economist Store」より引用

 ブレグジットは直接的にはイギリスがEUから離脱をすることなのだが、世界経済的には離脱したイギリスが経済発展のためにどこと手を組むのかというのが大きな関心事だ。「つまりその新しい同盟とはイギリス=インド同盟か?」と言うことになるが、実は符牒はそれだけではない。

 絵をよく見ると、ガンジーのさらに右下の方にナイジェリアと南アフリカの国旗が描かれている。どちらも旧イギリス連邦に所属する国々だ。

 そうしてみるとブレグジット後、つまり単なる英国のEU離脱を越えてロスチャイルドが模索している新たな枠組みとは、新イギリス連邦への世界再編だと考えられるのだ。

コメント

6:匿名 2018年12月28日 10:11 | 返信

いくらホラでも日本中心にエコノミストが描くわけないだろ
富士山は、どう関係するのかわからないからあの位置だろうな、エコノミストの表紙はずっと見てるけど何の予言でも無いし、全然当たってない、エコノミストは日本をほとんど描いてないぞ、今回富士山で現れたくらい

5:匿名 2018年12月28日 02:09 | 返信

ピノキオは日本じゃないと思う。七三分けって日本だけだっけ?そうだとしたら日本が嘘をついて大ごとになる予兆だけど。
戦争が起きないのに武器の売り買いがまだ続くのなら、経済の半分は武器ビジネスだとしたら
つまらない世界だ本当に。

キャッシュレスは反対はしないけどね。ポイントも何もかもがキャッシュレスになれば手荷物が減る。日本は老人が多いからそうゆう社会の仕組みについてこれるかが問題。

4:匿名 2018年12月27日 18:28 | 返信

ピノキオの顔が日本人?

3:匿名 2018年12月27日 18:28 | 返信

外せない事件なのか?
よその10大ニュースを扱う記事では、かすりもしてないぞ。
まあ、それがTOCANAの基準なんだな。
この後、TOCANAの考える10大ニュース等の記事にこの事が入っているかどうか、期待して待つ。

2:フランク ギウストラ 2018年12月27日 15:55 | 返信

ロスチャイルド家の内部でもマクロン(フランスロスチャイルド家の代理人)がガタガタになってるのを見ても必ずしも上手くは行ってないみたい。

1:archscanty 2018年12月27日 14:11 | 返信

人類は管理された社会へ向かうのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。