【韓国レーダー照射】対日戦争の準備行為、軍事研究家が指摘! 隠密裏に韓国軍が行った対日本“特殊訓練”とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

koreanseals_02.jpg画像は「Getty Images」より引用

 巨大な陸上戦力を有する北朝鮮と長年対峙してきた韓国軍内で、海軍は陸・空軍と比し割りを食う立場であった。しかし、現在の文在寅政権は「海洋強国」を掲げ、それに伴い海軍の地位は向上し、戦力も増大を続けている。2018年9月には、弾道ミサイルの発射が可能な3000t級の大型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」が進水した。更に、原子力潜水艦の導入すら視野に入れている。そんな「海洋強国」を目指す韓国海軍が、アメリカ海軍が持っているものと同等の、“潜水艦からの水中特殊工作員潜入能力の獲得”を目指すのは、至極自然な流れである。

 そのような特殊部隊の訓練の模様を他国に探知されるのは、韓国海軍にとってあってはならないことだ。故に、駆逐艦「広開土大王」の火器管制レーダーを照射し、海自のP-1を追い払ったのである。

koreanseals_03.jpg画像は「Getty Images」より引用

 ではなぜ日本のEEZ内という海域で、そうした訓練を行なっていたのか? それは、文在寅政権の対北朝鮮融和路線が背景にある。二度に渡る南北首脳会談を成功させ、韓国にとり北朝鮮の脅威は相対的に減少した。そこで、脅威として浮上するのが日本である。日韓は友好関係にはあるが、利害が完全に一致している訳ではない。慰安婦・徴用工・竹島といった外交問題も山積している。

 韓国海軍が海上自衛隊と事を交えようとする際、艦艇の数で劣る韓国側は正攻法では勝算は無い。そこで活用されるのが水中特殊工作員である。有事には、朝鮮半島に近い海上自衛隊舞鶴基地佐世保基地に潜水艦から特殊部隊を浸透させ、艦艇と港湾設備の破壊を意図すると筆者は見る。

 緊迫する日韓関係の陰には、壮大な陰謀が渦巻いているのである。
(塩原逸郎)

コメント

7:From Korea 2019年1月8日 01:36 | 返信

Hello, I'm from Korea.
1. I think there is Korean flag in front of mast.
2. Telecommunication was not good, so Korean navy couldn't understand what Japanese said.
3. Japanese airplane should communicate before come close to Korean ship.
4. Korean navy didn't used attack raider. And Japanese government is looking for clues of it.

I'm not talking Japan is wrong. I mean, we don't have to fight with this.
I worked 21 month in army, so I know that Korean don't want any trouble with Japan. OK?

Let's not fight with this. This is really meaningless. I like Japan. And I like Twice Mina.

6:匿名 2018年12月28日 16:06 | 返信

21日以降に目にした記事をまとめます。
・IFFが切られていた。
・日本側のEEZ内
・警告を無視
・航行中に軍機掲揚をしていない
・遭難対象を捜索中だったというが実際には船員の収容後とみられる
・北朝鮮船が近くにあった
・照射対象が哨戒機
以上の情報から皆さんが想像するものは何?

5:匿名 2018年12月28日 14:14 | 返信

>> 3

※3

韓国籍の方ですか?。<⌒‐⌒>(笑)

4:匿名 2018年12月27日 15:37 | 返信

>> 3

それはないw
同環境の地震災害は過去何度かあったが食料を巡っての殺しあいは一度としてなかったぞw

3:ネトウヨはアニメアイコン 2018年12月27日 03:37 | 返信

日本を滅ぼすのはカンタン。原発狙えとか言ってるが圏央道の周辺にあるコンビニ、スーパーの配送センターを狙えば良い。食糧流通が麻痺すれば東京都など3日と持たない。コンビニ弁当の奪い合いで殺し合い。もちろん首都圏に入る相模川、多摩川、利根川いずれの高速道路橋梁を爆破しておくのは言うまでもない。テロに見せかけるにも都合が良い。過剰な人口を抱えることは戦略上好ましいことではない。敵は必ず弱点をツいてくる。

2:匿名 2018年12月27日 01:02 | 返信

能登半島のすぐ先で起きた事件。
ロックンは攻撃と同意の行為なので
反撃は防衛に当たる。自衛隊の規則に何ら問題無い
うかうかして手遅れになる前に攻撃すべきである。

1:匿名 2018年12月26日 21:01 | 返信

記事にあるようにK国が友好国だと思ったことは一度もない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。