関東連合、大阪アビス、環状族、暴力団…「芸能界やITに精通する関東勢」は今後生き残るが…

半グレの2019年まとめ

 筆者の見立てとしては、2019年、関西の“半グレ”は徹底的に大阪では取り締まられるだろう。それは3つの山口組の下請けのような立場を抜け出せないからだ。しかし、その立場ではない環状族は生き残っていく

 反対に、関東の半グレは既に殆ど実態が無い。殆どの組織の幹部は既に大手暴力団の幹部の地位にあり、逮捕された時に組名よりも先に関東連合OBという呼称が先に報道されるように注目度は高い。実態はないが、名前だけが大きく生き残っていくというのが関東の半グレの2019年であろう。
(文=エイチ)

半グレ記事まとめ

関連記事

    プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ