「週刊SPA!ヤレる女子大学生ランキング」への批判や抗議こそ差別! ヤラせる女の多様性を尊重せよ(東大教授寄稿)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

「週刊SPA!ヤレる女子大学生ランキング」への批判や抗議こそ差別! ヤラせる女の多様性を尊重せよ(東大教授寄稿)の画像5画像は「getty images」より引用

 つまり今回の騒動って、女性蔑視部分に限ってみると、はっきりマイノリティ差別なんですね。好きな男につい迎合しがちな性愛を重荷に感じる「ノーマルな女」たちが、なんと遊びやバイト感覚でセックス楽しめているらしい同性を、エイリアン見る目でディスって自己正当化&規範回復

 対して男は……こちらは単純というか、なにしろ「心底ヤリたいやつら」がノーマルだから、「ヤレる」のひとことで男全員の普遍的欲望が軽く認知されてしまう……。

 そう、つくづく男性蔑視度が女性蔑視度を上回ってます、このテの記事は。「男はみんなヤリたがり」という偏見を固定し、世の男性観を歪める原因になっているのですよ

 え? 歪めてない? 男がみんなヤリたがりなのは事実だろって?

 何べん言ったらわかってもらえるのかなあ。「多様性」を忘れんでください。挿入に興味ねえわって男、ゴロゴロいますから。膝枕フェチ、着せ替えフェチ、ドM、スカトロジスト……、〈安全な男〉はゲイだけじゃないんですよ!

「週刊SPA!ヤレる女子大学生ランキング」への批判や抗議こそ差別! ヤラせる女の多様性を尊重せよ(東大教授寄稿)の画像6画像は「getty images」より引用

 その点、女は――男に比べて性的少数者のバラエティが乏しい(と思われている)ので、ヤレる女、ヤラセる女は貴重な生態系資源でありうるでしょう。しかし今回の騒動で大学が、「ギャラ飲み参加禁止」のような通達で学生を縛ったりせぬか、懸念されますね……。

 アルバイトとして風俗店、コンパニオン派遣業は禁止、と明文化している大学はけっこうありますが(お嬢様大学の方がかえって黙認する傾向あり。健全な方針です!)ギャラ飲み禁止やパパ活禁止となったら行き過ぎでしょう。私生活への過保護・過干渉は、もちろんパワハラに該当します。

 1月14日、署名運動グループと『週刊SPA!』編集部が対談の場を持ったそうですね。けんか別れしなかったようで何より。それにしてもNGОや善意の市民殿。今後監視すべきは、週刊誌記事なんかじゃなく、大学など諸制度が若者に差別的人権侵害を働いたりせぬかどうか。そっちですから。よろしく!
(三浦俊彦)

◆三浦俊彦(みうら・としひこ)
1959年生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学文学部教授。専門は、美学・分析哲学。和洋女子大学名誉教授。著書に『エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社、2018年)、『改訂版 可能世界の哲学――「存在」と「自己」を考える』(二見文庫、2017年)など。

コメント

8:匿名 2019年3月24日 22:31 | 返信

三浦俊彦永世名誉知的障害教授くん
君は本当に倫理が無いんだな・・・

7:悪人は、次の資源になってくれる人! 2019年1月22日 06:40 | 返信

東京の出版社の連中は、サルの血が入った堕天使候補生なので、ヤンチャしていてもお咎めがないのだ。後10数年後に鶏頭城で水素爆発で神から悪魔の奴隷として刻印を押され次の管理者となったら2度目の世紀末を迎える時には、塩の柱となり、必ず魂はリセットされ微生物からの修行のやり直しとなる。
次に人間になれる確率は、宝くじで1等を当てる事より難しいしので、地獄でしかない。
自業自得。

6:匿名 2019年1月20日 13:41 | 返信

何いってんだこいつw
長々と屁理屈こねてんじゃねえよw

5:匿名 2019年1月20日 12:34 | 返信

ヤフーニュースの批判的なコメントをまとめただけ。
さすが自称灯台教授だわ。

4:匿名 2019年1月20日 04:58 | 返信

人を侮辱しといてタダで済むと思うなよ
こちとら悪い噂が多い有名大様に言われたか無いんですけどねえ

3:匿名 2019年1月19日 13:02 | 返信

フェイクニュースサイト
ランキング

1位:トカナ
2位:asahi.com
2位:ハフィントンポスト

2:匿名 2019年1月19日 12:14 | 返信

取材受けてない顔が残念な女性「『ヤレる女』は女性差別だ!」

1:匿名 2019年1月19日 11:19 | 返信

多様性かも知れんが、趣味でランク付けメディアするのはちと違うだろ、教授ワロタ灯台ワロタ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。