遂にポールシフトがくるぞ! 北磁極で異常な動き、米政府や科学誌「ネイチャー」も緊急対応&警告!

関連キーワード:

,

,

,

,

遂にポールシフトがくるぞ! 北磁極で異常な動き、米政府や科学誌「ネイチャー」も緊急対応&警告!の画像3画像は「Daily Mail」より引用

 一体、なぜこのような異常が起きているのか? 地磁気の変化には地球内部の外核で起きている流動が影響しているといわれる。だが、その仕組みは非常に複雑で、現在でも十分に解き明かされているとはいえない状態だ。当然、今回の異常についても原因は未だ調査中という状況だ。

 近年、科学者らの間からもポールシフト、つまり地球の磁場がひっくり返る可能性が指摘されている。このような逆転は過去にも幾度となく起きていて、およそ20万~30万年おきに発生していると考えられている。だが、最後のポールシフトからすでに78万年が経っており、再びポールシフトが起こる時が迫っているというのである。

 昨年トカナでも取り上げているのだが、最近の研究で、およそ2世紀のスパンで磁場が急速に変化し、磁場の反転が起こったときに磁場の強度が約90%減少することが示されている。「Nature」の記事でも、現在北磁極があるカナダ北部の地下では磁気が弱くなっており、北磁極がシベリア方面に引っ張られている可能性が指摘されている。

 北磁極の不気味な異常は果たしてポールシフトの予兆なのだろうか? たとえポールシフトでなくとも、地磁気の大きな変化が起きれば送電網や通信システムには大きな損害が発生するとみられ、我々の文明へと与える悪影響は計り知れない。地の底で起きているという異変の原因を一刻も早く突き止めて欲しいものだ。

(編集部)

参考:「Nature」「Daily Mail」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

遂にポールシフトがくるぞ! 北磁極で異常な動き、米政府や科学誌「ネイチャー」も緊急対応&警告!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル