【ガチ】遂にポールシフトがくるぞ! 北磁極で異常な動き、米政府や科学誌「ネイチャー」も緊急対応&警告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 地球の北磁極で異常な動きが観測されている。科学者たちも注目している不気味な変化はポールシフトが近いという印なのだろうか……?

0121NMP-1.jpgイメージ画像は「Getty Images」より引用

■北磁極の異常変動

 地球には磁場があり、その磁力線の方向が鉛直になる地点を北磁極と南磁極と呼ぶ。そのうち、北半球にある北磁極は動いていることが知られており、日周期的な動きに加え、北アメリカ大陸カナダ北部からユーラシア大陸シベリア地域方面へと北西方向に向かって移動し続けている。

 ところが、最近その動きに明らかな異常が見られ、科学誌「Nature」も今月9日付で報じるほどの事態となっている。「Nature」の記事によれば、北磁極は1900~1980年頃まではほとんど動いていなかったのに、近年明らかに移動速度が加速しているというのである。19世紀に測定が始まって以来、その移動速度は年におよそ15kmほどだったのが、現在では年に55kmも移動しているというのだ。

0121NMP-2.jpg画像は「Nature」より引用

 北磁極の移動はコンパスに加え、GPSでの位置測定にも大きな影響を与える。そのため、アメリカ海洋大気庁(NOAA)ではおよそ5年おきに世界磁気モデル(World Magnetic Model)を発表しているのだが、2015年に発表されて2020年まで使用予定だったモデルが、移動速度の異常な上昇により大きなずれが生じてしまったという。

 現在のところ、それは北極圏以外では目に見えるような影響を及ぼしてはいないそうだが、NOAAでは修正モデルを今月中にも公開する予定だ。しかし、若年移民に対する国外強制退去の延期措置をめぐる議会の混乱で現在も継続中の米国政府閉鎖の影響を受けて、当初今月15日だった公開予定日が今月30日に延期されている。

「エラーは常に増え続けています」(NOAAの地磁気専門家)

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年2月7日 13:58 | 返信

ポールシフトはいきなり発生すると勘違いしているな、この記者は。

2:匿名 2019年1月23日 12:53 | 返信

ポールダンス、ポールマキは知ってるがポールシフトはしらね

1:匿名 2019年1月23日 03:29 | 返信

混乱は早期に回復するから大丈夫

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。