米軍の極秘司令基地「サイトY」の真実 ― マリリン・モンロー怪死、宇宙人、エリア51… すべての謎が1つに繋がる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 55年前の名作映画に登場する米軍の極秘司令基地“サイトY”とは? この件には悲劇の大女優、マリリン・モンローも関係してくる大がかりな陰謀が横たわっている可能性があるというから驚きだ。

米軍の極秘司令基地「サイトY」の真実 ― マリリン・モンロー怪死、宇宙人、エリア51… すべての謎が1つに繋がる!?の画像1Mysterious Universe」の記事より


■マリリン・モンローは“エリア51”の秘密を知っていた!?

 2013年に公開されたCIA機密文書によって、その存在が確認された“エリア51”だが、逆に言えばそれまでの長い間、公には存在しない施設であったことになる。

 1960年代から本格化したUFO研究のムーブメント以降、徐々に一般の人々にも知られるようになった“エリア51”だが、そもそもその疑惑の発端になった「ロズウェル事件」が起きたのは1947年のことだ。そう考えてみれば、実に長い間“エリア51”は秘密にされてきたのである。

 ロズウェル事件で墜落したエイリアンの遺体(あるいは生体)を収容したと目されている“エリア51”だが、ではどうして“エリア51”のような砂漠の秘密基地が、人々が抱くミステリアスな現象に関するイメージの中に登場することになったのか? この件に関して、1962年当時に奇妙な2つの出来事があったことを、オルタナティブ系メディア「Mysterious Universe」の記事が指摘している。

 1つは1962年に亡くなった女優、マリリン・モンローである。先日にトカナで紹介したが、モンローの死因は睡眠薬のオーバードースであると結論づけられているのだが、これが自殺なのかあるいは他殺(謀殺)なのかは今も議論が続いている。

米軍の極秘司令基地「サイトY」の真実 ― マリリン・モンロー怪死、宇宙人、エリア51… すべての謎が1つに繋がる!?の画像2画像は「Wikipedia」より

 死の2週間前にモンローは電話で友人に「私はUFOの秘密を解き明かす大変な証拠を知っているわ」と話していたといわれ、また後年に明らかになった当時のCIA機密文書には「マリリン・モンローは危険な女である。国家を脅かす機密情報を知っている」と記されている。

 マリリン・モンローが知っていたという“国家を脅かす機密情報”とはUFOにまつわる情報だったということになるのだろうか。そしてそれは“エリア51”に関係しているのだろうか。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。