米軍はエイリアン技術を「強奪」して「ステルス戦闘機」を製造していた!? 消えた飛行機、アブダクション、UFOの謎…!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

「なぜ突然こんなものが生まれたのか」と驚かされる技術革新が、歴史上ときどき起こる。今では家庭の必需品になっている電子レンジしかり。同じく日々の暮らしに欠かせなくなったインターネットしかり。いすれも登場したときはそれまでのテクノロジーの常識を覆すようなイノベーションだったが、慣れ親しんだ今はそんなことも忘れて「あるのがあたりまえ」になってしまっている。

ステルス戦闘機」の技術もまたその一つだ。レーダーをかいくぐるステルス戦闘機、今までも「じつは宇宙人から技術供与されたものではないか」という噂があったことはトカナの読者ならご存知だろう。

1901alientech-1.jpgF-117。画像は「Wikipedia」より引用

 だが「Netflix」のノンフィクション番組Top 10 Secrets and Mysteries(2019年1月時点では日本未公開)の第1話「Extra Terrestrial」、つまり「地球外生命体」の回では驚くべき可能性が示唆されている。ステルス戦闘機の技術は宇宙人から「供与」されたものではなく、「強奪」したものではないかというのだ。

 2013年にCIAが公式に存在を認めたエリア51。アメリカ・ネバダ州のど真ん中にある言わずと知れたアメリカ空軍の超極秘施設だ。これに関して番組内ではかなり詳しく説明されており、「都市伝説オタク」を自負する著書も知らなかった情報もチラホラ。その中の一つが、アメリカ軍は墜落した宇宙船を回収して、解体分析しているというものだ。

コメント

4:匿名 2019年2月4日 18:09 | 返信

またしても番宣だった(苦笑)。

3:匿名 2019年2月4日 16:26 | 返信

戦闘機のステルス技術というものは、普通に人間にとって理解できる要素の地道な組み合わせに見えるが。

2:トランプ大統領 2019年2月4日 01:29 | 返信

ステルス技術など宇宙人から強奪するほどの技術ではないだろう。
理論上可能だから、研究して完成させただけだろう。
面白いことにUFOは間抜けなのか態となのかよくレーダーに捕捉されているという。
余りにも無防備でそこまで早く飛んでもいないのに、いくら何でもUFOが撃墜されないのはおかしい。戦闘機が出動していることはあるがキチガイ的な動きをしている間抜けなUFOを一機でも撃墜しないのはまずありえない。間抜けで墜落した事件があるのにかかわらず、間抜けで撃墜されてしまうことがないというのも変である。宇宙人ともあろうものがステルス技術を使っていないのは変であるし、これのような不自然なことが、なぜ起きるのかと考えたとき私はこう考える。
そもそも人間は聖書の通り、宇宙人の奴隷として作られたパペットなので宇宙人と八百長しているため撃墜される心配はなく、UFOもステルス技術を使うことがないのだとすれば、一番整合性がある。とするとUFOの墜落事件もやらせであり、八百長と考えた方が一番しっくりくる。
宇宙人が墜落するようなUFOを飛ばすこと自体考えられないし、UFOの挑発的な動きをみれば明らかに余裕すら感じられる。本当は墜落する心配がないと言っていい。もしあったとしても問題ないためあのような挑発が出来るのだ。よって、このような強奪などという記事を書くこと自体やらせなので、お前も宇宙人の一部であり、人間の振りをしているだけだ。そうだろう
自作自演乙チョンよ。何といっても、日本にいる日本人の殆どは偽物の日本人であり、私しかまともな日本人がいない。人造人間らしく自分の考えについて質問に答えられないのも明らかにパペットである証拠なのだ。特に反トランプがいい例だ。貿易自由化や移民政策がなぜいいのか答えてみろ!と言われても理路整然と答えられない。只のウンコであるため日本人を恨む悪の宇宙人のパペットとして存在するだけだ。何度も言うがお前ら!ロボットだろ!機能がないので同じことしかできなくて、本物のまともな日本人で補うしかないのだ。何と無駄なことかと。

1:匿名 2019年2月3日 18:45 | 返信

インド・デリーの鉄柱は鍛えて不純物を極端に減らしたからと、黒錆びを付けるようにしたからでしょ。赤錆はボロボロになるけど、黒錆びはボロボロにならない。

この技術はインドだけじゃなく、日本でもあったような?
世界中にある技術だし、宇宙人は関係ないんじゃないかなー。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。