ピルを服用する女性は「他人の感情を読み取る力」がなくなる? 副作用の原因は一切不明…話題の研究内容!

関連キーワード:

,

,

,

 経口避妊薬(ピル)は避妊以外にも、生理周期のコントロールに生理痛の緩和、子宮内膜症の悪化防止など、正しく使えば女性の生活の質を高めてくれる薬である。日本ではあまり普及しているとは言い難いが、世界中で1億人以上の女性がピルを使用しているとされている“ありふれた薬”の一種であり、医学史上もっとも研究されている薬の一つとも言われている。だが、そんなピルに新たな副作用の可能性が示されて話題となっている。英「Daily Mail」(2月11日付)ほか、複数メディアが報じている。

ピルを服用する女性は「他人の感情を読み取る力」がなくなる? 副作用の原因は一切不明…話題の研究内容!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 今月11日に学術誌「Frontiers in Neuroscience」に掲載された論文によると、ピルを常用している女性に他人の表情から感情を読み取る能力が損なわれる副作用が起きている可能性が示された。人間の目をアップにした白黒写真を見せ、その目から感情を読み取るテストを行ったところ、わずかではあるが、ピルを服用中の女性では複雑な感情を読み取る能力が低下していたというのである。

 実験にはピルを服用中の女性41人と服用していない女性53人が参加した。テストでは悲しみや幸福といった簡単なものから、軽蔑や自尊心など難易度の高いものまで、様々な感情を反映した目の写真が使われた。簡単なものでは2つのグループ間に違いは出なかったというが、最も難しいテストではピルを服用しているグループの方が10%ほど結果が悪かったという。またこの結果は、実験時の月経周期や薬の種類とは関係がなかったそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ