急増する外国人犯罪集団「ロイヤル蒲田ボーイズ」に迫る! 不良ネパール人3大グループ「蒲田ボーイズ」「東京ブラザーズ」から派生か!?

 不良外国人の犯罪集団といえば、頭に思い浮かぶのが怒羅権(ドラゴン)があるが、今、その勢いを超える外国人犯罪集団がある。

 14日に報道された内容によると、東京・大田区のネパール料理を提供する飲食店で、男性に暴行を加えけがを負わせた傷害などの疑いで、外国人の組織犯罪を担当する警視庁組織犯罪対策2課は、カトリ・マノジャ容疑者、ライ・アシス容疑者、ラヤマジ・アニワル容疑者を含む、19歳から22歳のネパール国籍の男5人を逮捕したと、昨日報じられた。

 捜査関係者の話によると、逮捕のきっかけは2018年10月19日、大田区蒲田のネパール料理を提供する飲食店で、店に居合わせたネパール人の留学生の男性ら4人に対し、ビール瓶で殴るなどの暴行を加えて、全治2週間のけがを負わせたという。

 事件のきっかけは容疑者らが、店の音楽を勝手に変えたところ、客として来ていた被害者の留学人の男性らが苦情を言った事から傷害事件に発生したという。

 容疑者らは、事件後現場から逃走したが、付近の防犯カメラの画像から容疑者を割り出して逮捕に至ったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ