CIAが封印した“ネパールのイエティ情報”が機密文書で発覚! 伝説のUMAに“常識を覆す衝撃の事実”が存在!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 ヒマラヤに生息しているとされる謎のUMA(未確認動物)である“イエティ”だが、最近公開されたベトナム戦争時代の機密文書では、イエティが当局の中で、すでに知られた存在であったことが明らかになっている。アメリカはイエティを発見、捕獲していたのだろうか?

■ベトナム戦争時代にネパールでUFOの目撃例が多数

 アメリカ連邦政府情報公開法(FOIA)により、かつての機密文書が続々と公開されている昨今だが、その中には超常現象やUFOについて言及された書類も少なくない。2017年に公開された米国務省やCIAのかつての機密文書の中から、ベトナム戦争時代のネパールにまつわる興味深いレポートがいくつか発掘されている。

 その1つはUFOに関する書類だ。1968年の2月と3月にネパールとブータンの一帯で未確認飛行物体が7件も目撃されていたのである。

「CIA」より

 UFOの姿もさまざまで“白い光を放つ物体”、“轟音を発する物体”、“白い煙を放つ物体”、“葉巻型の高速飛行物体”、“円盤型飛行物体”と、よりどりみどりである。1968年4月11日に作成されたCIAの文書には、例えば下記のような記述がある。

「長くて薄い動きの速い物体は、辺りを昼にするほどの赤と緑の明るい光を放射していた。目撃の数秒後に雷鳴が轟いた」

 ベトナム戦争真っ只中の1968年、中国のチベット自治区に接するネパールを地政学的に重要視していたアメリカは、一帯の警戒監視に余念がなかったようだ。そして、これらのUFOの目撃例ではソ連や中国で開発中の航空兵器だったことを疑わせる記述も多い。

 記述の中には、墜落したUFOの目撃例もある。

「直径180センチ、高さ120センチの金属製の円盤形の物体がクレーターで発見されました」

「Mysterious Universe」の記事より

 この物体が回収されたのかどうかはわからないが、円盤型であるというのはきわめて気になるところだ。もちろん、この物体については軍事兵器ではない可能性もある。ともあれベトナム戦争時代のネパール上空では、奇妙な現象が多発していたようだ。

コメント

6:匿名 2019年3月30日 03:28 | 返信

イエティ・雪男はカシオペア星人の家来・家畜。
体長8~10m、全身毛で覆われていて、知能指数は90~100位。
力は非常に強いが、性格はおとなしい。

5:匿名 2019年3月8日 15:38 | 返信

イエティに中の人が居るって事だろ

4:匿名 2019年3月4日 06:03 | 返信

宇宙人ですよ。もと地上観測用の諜報員といったところです。
そういう組織的なところから孤立して自立した存在だと聞いています。

3:定年退職者 2019年3月3日 22:05 | 返信

イエティがクマのことだと地元ネパールでは皆知っている。 クマは山の神で神聖な生き物として今でも崇拝されている。 欧米人が面白半分に神聖な生き物を汚さないよう定めた極めて真っ当な規則である。

2:匿名 2019年3月3日 21:37 | 返信

アシベで見たよ

1:ブレブレコメ 2019年3月3日 17:06 | 返信

イエティは家に帰ってお茶(ティ)でも飲むんだろう、だからイエティだ!!!!!w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。