林眞須美は冤罪! 毒カレー事件の真犯人はこいつだ! 死刑囚取材人・片岡健インタビュ―! 殺人犯は目が綺麗、低身長、トイレ汚いの真相も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
東京拘置所。画像は「Wikipedia」より引用

■冤罪が発覚しやすくなった背景

——では、まずは冤罪じゃないかという疑いから死刑囚に興味を持ったのですね。

片岡 そうですね。そこから事実とされていたこととは違うものが見えてきたんです。その後は冤罪の取材をしていたのですが、そのなかで「本当に殺った人にも取材したいな」と思うようになっていきました。

そして、実際に会って取材しているうちに自分が想像していたのとは違うなと思い始めたんです。

——死刑囚の取材をやり始めたのはいつぐらい?

片岡 眞須美とは2007年に会っていますが、死刑囚の取材を本格的に始めたのは2013年ぐらいですね。

——本書の中でも1人冤罪の疑いがある死刑囚がいますよね。近年は、無実の罪を着せられる冤罪事件が注目を浴びていますが、冤罪は今、多いのでしょうか?

片岡 多いですね。「埼玉・愛犬家殺人事件」の首謀者・関根元の妻である風間博子は、死体の解体を関根に無理やり手伝わされたぐらいで実際には殺っていない。

 冤罪は以前からあったと思うのですが、昔に比べて今のほうが発覚しやすいです。以前は、その人が冤罪だということに世間が気付かなかったと思うんです。

 でも今は、マスコミも冤罪が生まれるということがわかってきたし、世間の目も厳しいので割と気付かれやすくなった。

 眞須美も昔は真っ黒だと思われていたのですが、最近は「ちょっと違うんじゃないか?」と思われてきている。インターネットで情報が出回るようになることで変化してきたのではないでしょうか。

——冤罪じゃないかという世論が高まると警察が動かされるというのはあるのでしょうか? 

片岡 警察はないと思いますが、裁判所はあるでしょうね。それで無罪判決が出やすくなるということはあると思います。

 警察が動くのは逆の場合で、「アイツが黒だ!」と世間が騒ぐとシロの人を捕まえてしまうということはあります。

 

■殺人犯は目がきれい

——―以前、人殺しをした人は目に特徴が出るという話を聞いたことがあります。以前、インタビューさせていただいた漫画家・ライターの村田らむさんは「目にモザイクがかかってぼやけたように見える」とおっしゃっていました。片岡さんは実際に死刑囚に会ってみてどういう印象でしたか?

片岡 目で言えば、きれいな目をしていて、あどけない感じがする人もいますね。

 本書にも登場する高柳和也は特に目がきれいでしたね。ちょっと潤んでいる感じの瞳をしていて、目の形も美しいです。私が会った時は40代後半でしたが、30代前半ぐらいの青年のような若々しさがありました。筧千佐子は年も年なので、目の周りが黒ずんでいましたけれど。

参考記事:【死刑囚の実像】綺麗な目をしたIQ63の殺人者がくれた、最後の手紙 ― 兵庫2女性バラバラ殺人事件

コメント

6:匿名 2019年9月16日 18:57 | 返信

>> 4

あどけない、という言葉が文章に出てくるけど一般論だと思うよ。

文章を読み解いたらなんとなく若いような感じ、推測はそのへんで止めるぐらいがいいと思うよ

5:匿名 2019年3月3日 04:30 | 返信

用済みのJJI はおたきあげ
関東のデブス=き〇ま か〇えが
入ってない!

4:匿名 2019年3月2日 17:32 | 返信

眞須美じゃないその本当の犯人はあどけない特徴か。覚えておこう。

3:匿名 2019年3月2日 16:59 | 返信

※2
この民族というのはちょうどお前のようなやつのことだ。
自国のことを知っているようで本当はまったく知らずそのことを指摘されようものなら逆ギレするか理解できないのでポカーンとするかのどちらか。
ところで田布施って何か知ってますか?

2:匿名 2019年3月2日 16:36 | 返信

※1
「この民族」とは韓国の事か
後半は意味不明だが、それなら実に納得の文章だな
まぁあいつ等もう既に、勝手に滅びそうだけど

1:匿名 2019年3月2日 16:19 | 返信

最近安倍晋三を応援したほうがよい気がしてきた。この民族は間違いなく滅んだほうがよい。そしてそのためにひたすら頑張っているのが安倍晋三といえる。日本人はバカだからいまだに保守だと思ってるらしいが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。