【死刑囚の実像】“不器用すぎる”凶悪殺人者・高橋明彦と会う ― 取材でわかった“まさかの殺人理由”とは?(会津美里町夫婦殺害事件)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

――人を殺した人と会う。死刑囚の実像に迫るシリーズ【19】

 社会を震撼させた凶悪殺人事件の犯人と会ってみると、案外普通の人物であることは少なくない。5年前に福島県であった夫婦殺害事件の犯人・高橋明彦(50)もそうだった。何の落ち度もない2人の生命を奪い、死刑囚へと身を落とした男の実像とは――。


■裁判員まで苦しめた凄惨な犯行

【死刑囚の実像】不器用すぎる凶悪殺人者・高橋明彦と会う ― 取材でわかったまさかの殺人理由とは?(会津美里町夫婦殺害事件)の画像1画像は、凄惨な事件の現場となった会津美里町の小さな集落

 事件は2012年7月26日の早朝、福島県会津美里町の小さな集落で起きた。50代の夫婦が自宅に押し入ってきた男に刃物でメッタ刺しにされて殺害され、現金やキャッシュカードを奪われるという痛ましい事件だった。翌日、現場近くの空き家の敷地に車を置き、妻と一緒に車上生活をしていた男が強盗殺人の容疑で逮捕されたが、それが高橋だった。

 この事件が社会の注目を集めたのは翌年3月、福島地裁郡山支部で高橋の裁判員裁判が行われた時のことだ。

「助けて―。うーうー。あんた人殺しになっちゃうよー」

 公判では、被害者の女性が事件の際、119番通報した音声が再生されたが、それは断末魔の叫びのようだったという。裁判員たちはそれに加え、血の海に横たわっていたこの女性と夫の遺体の写真も見せられた。その写真も凄惨なものだったそうで、裁判員を務めた女性の1人はショックから急性ストレス障害に陥ったほどだった。

 そんな事件だけに高橋という男はさぞや狂暴そうな男なのだろうと思いきや――。


■高橋明彦に面会

 2014年の夏、仙台拘置支所の面会室。初めて会った高橋は身長が160センチあるかないかの小柄な男だった。作業着のようなグレーの半袖シャツに短パンという姿だったが、手足は細く、力も弱そうだった。白い頭髪を短く刈り込み、口ひげとあごひげを伸ばした独特の風貌をしていたが、拍子抜けするほど威圧感のない男だった。

「上告はやめてしまうかと思ってるんだよね」

 アクリル板越しに向かい合うと、高橋はそうつぶやいた。高橋は当時、1、2審共に死刑とされて最高裁に上告しており、上告をやめれば、死刑判決が確定する状況だったのだが……。

「オレが生きて償いたいとか、被害者の方々の墓の前で手をついて謝りたいと言っても、自己満足でしかないと思ってね。もうひとつは、オレにも家族がいるんでね。オレが裁判を続けていたら、姉貴やその子供たちが苦しむと思うんだよね」

 弁明の余地がない事件を起こした高橋だが、こうした話を聞く限り、根っからの悪人ではないように思えた。こんな男がなぜ、殺人犯となったのか。

コメント

3:hikikomori 2019年5月10日 10:27 | 返信

>会津若松市では、仕事は見つからず、貯金もすぐに底をつく
地方に仕事が無いからこそ地方出身者は上京するのだろうに中年の部外者がそう易々と仕事に就けると思うのは楽観的すぎだろう。尤も後継者不足に悩む人々は多いので実入り少なくても良いのなら農家、職人の跡継ぎ(延命)として迎え入れてもらえる可能性はなくはない。
>移住から8カ月で妻と一緒に車上生活をするまでに落ちぶれてしまった。
計画性がとことんない。
>高橋は妻に「水道会社に就職できた」とその場しのぎの嘘をつき、
>さらに「就職できた水道会社は給料を払ってくれないが、
>別の水道会社に就職できた」と嘘の上塗りをしてしまう。
雇い入れる会社が給料を払わないなんて常識的に考えてあるのか。
嘘を重ねる以前に嘘自体が最初から破綻してはないか。
>金を得るために外国為替オプション取引を繰り返す
貯金は底をついたのではなかったのか。外国為替はレバレッジを効かせれば自己資金が少なくても出来るが警備会社に勤めていただけの人間に何故に金が舞い込んでくると思えるのか。個人的には「生きる」ではなく「破滅願望」があったように思えてならないのだがな・・・。それはそうと中年まで働き詰めで何で地方で8か月足らずで尽きる貯金しかないのか不明。東京は物価が高いと言えど警備会社が年功序列的で勤続年数を重視しているならそれなりに貰えるはず。また妻も妻で働きに出ていればもっと貯まっていただろう。それとも障害がある妻だったりするのか。・・・判決文を見れば様々な事が書かれているのだろう。記事の中では明かされてないことが多いように思える。

2:hikikomori 2019年5月10日 10:01 | 返信

>生活保護を受給できると知らずに人を殺め、
>自分も死刑囚になってしまった高橋明彦。
「生活保護制度を知らない=死刑囚」という結びは
明らかに間違い。早朝に犯人と出会した中年夫婦が
どういう対応をしたのか分からないが強盗未遂もあれば
脅した上で金目の物を奪うこともあるだろう。
強盗=殺人でもなければ困窮=殺人ではない。
>拍子抜けするほど威圧感のない男
それが下記に関係するのかもしれないな。
>いくつかの警備会社を渡り歩く中、給料をもらえないことや、
>入社前に示された条件と実際の待遇が
>違っていたことなどがあり、次第に人間関係に疲れていった。
ただし人間関係に疲れた男が何故に伴侶を得たのか
分からない。人間関係に疲弊する前に関係を
持っていたのか、それともそれ以降に関係を
持ったのか。後者ならば益々分からない。自分には
どうすることも出来ない相手それが他人。
血の繋がりがあるなら10歩譲りともかく
夫婦というのは形式でしかない。
寂しい者同士で惹かれあった、ということか。
失礼ながらこういう夫婦に子供が
居なかった(?)ことだけは幸いか。

1:hikikomori 2019年5月10日 09:35 | 返信

>外国為替オプション取引

外国為替オプション取引を知っていながら
生活保護制度を知らないことは有り得ないだろう。
正しくは「男の意地」に尽きると思われる。
受け取って良いのか、受け取る資格があるのか、
そういう意地=プライドともすれば
植え付けられた己の固定観念(社会の意識)が
生活保護制度への足を遠ざけるのだろう。

>当時は生活保護をもらえるなんていう知識がなかった

生活保護は誰でも受け取れるわけではない。
ただし職がなく車上生活者ならば生活保護は
受け取れる可能性は高い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。