「数字の11に囚われた街」の謎 ― 何もかも11、時計も11時まで… 異常な執着に秘められた衝撃的真実=スイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
聖堂内のパイプオルガン 画像は「Wikipedia」より

■聖書で重要な意味を持つ“11”

 では、これほどまでに11にこだわる理由はなんなのだろうか?

 諸説あるが一説によると、言い伝えでエルフ(elf、妖精)がヴァイセンシュタイン山から勤勉な街の人々を元気づけるために姿を現したというものがあるが、これは奇妙なことにドイツ語で数字の11がエルフ(elf)であり、この言い伝えとリンクしているからだという。

 また、11の数は聖書で重要な意味を持っていることに由来しているという意見もあり、数秘術によれば11は全ての数の中で直感をつかさどる数であり、心理学や宗教上、特別な数であるともいわれている。ゾロトゥルンが別名「聖なる数字11の街」と言われるゆえんであろう。

画像は「Wikipedia」より

 いまだに11の謎は解けていないが、偶然にしてはあまりにも出来過ぎなこの現象には何か重要な秘密が隠されているのだろうか。だが、もしかしたらあまり探索しない方が身のためなのかもしれない!?

参考:「Mysterious Universe」、ほか

文=Maria Rosa.S

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年3月14日 12:12 | 返信

2014じゃない、2019/3/6やった。。

2:匿名 2019年3月14日 05:32 | 返信

これは陰謀論者の出番ではないのかね?

1:匿名 2019年3月13日 17:07 | 返信

『あの人たち』も11大好きじゃない、事件や事故や自然災害(に見せかけたテロ)が起こる日は大抵11がついていたりすべての数字を足すと18になったりしますがすべて偶然なので気にしないでくださいね!w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。