過去の東京五輪も反対者は多かった、だが開会すると状況が一変した… 元選手が激白、2020年も同じことが起きる!? カルロス矢吹インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
過去の東京五輪も反対者は多かった、だが開会すると状況が一変した…  元選手が激白、2020年も同じことが起きる!? カルロス矢吹インタビューの画像3
『アフター1964 東京オリンピック』(サイゾー)

――今回の東京五輪でも、エンブレムや新国立競技場の問題など、開催前からトラブルが続いていて世間ではネガティブな声が多いように思います。いざ始まってしまえば、また同じような流れになるんでしょうかね。

カルロス:今回の本の表紙に公式ユニフォームの写真を使わせてもらっているんですが、これって『VAN』の創業者の石津謙介さんが作ったことになっているんです。でも、実際には全然違っているらしくて。「サイゾー」誌上で服飾史家の安城寿子さんと対談させていただいた際に教えていただいたのですが。 

 むしろ、石津さんはこのユニフォームに関して「下品だ」とかボロクソに言っていて、1990年くらいからなぜか石津さんが作ったという話が広まってしまったそうです。当時の資料を見るとデザイン担当には別の人の名前が書いてあるんです。これもほとんど一緒のことで。大会が始まる直前まで、石津さん本人がボロクソに書いていたのに、こうやって盛り上がってくると、気が付いたらしれっと自分がやっていたかのように乗っかっているんですよね。 


――石津さん本人がそう言っているんですか? 

カルロス:石津さんの息子がいま社長をやっているんですけど、否定はしていないです。いろいろ資料を見せて安城さんが「これ、違いますよね」って言ったら「僕たちはそう信じてる」って言われたそうです。

過去の東京五輪も反対者は多かった、だが開会すると状況が一変した…  元選手が激白、2020年も同じことが起きる!? カルロス矢吹インタビューの画像4
画像は「YouTube」より引用

 

 最初の方の話に戻っちゃうんですけど(インタビュー第2回参照)、「1964年大会がすごかった」っていうのをおじいちゃんたちは本当に信じているんだと思うんですよ。でも、その辺が実際の選手たちとはものすごい温度差があって。馬淵かの子さんなんかはまさにそうですけど(インタビュー第3回参照)、今もコーチをやられているので。「自分が育てた選手がオリンピックに出るのは嬉しいし、そこで入賞したりメダル獲れたりしたらそんなに嬉しいことはないから、そこは応援している。でも、やるんだったらもうちょっとちゃんとやったら?」っていう。そういうのが選手の皆さんの本音だと思うんですね。2020年もまた同じことをやるのか、って。

 

――東京オリンピックを開催すること自体に反対しているわけではないけど、やるからにはちゃんとやってほしい、ということですね。

カルロス:だって、もうやることは決まっているわけじゃないですか。だったら、ちゃんとやってほしいというか、恥ずかしくないものにしてほしい。「ちゃんと」というのを具体的に言うなら、この本で取材した人たちが見て恥ずかしいことをしているっていうふうに思わないように、選手も協会もやっていただけたらなと。本当にそれだけですね。メダルの数とかは正直どうでもいいんじゃないかなと思います。

文・取材=ラリー遠田

コメント

4:匿名 2019年3月24日 00:41 | 返信

>> 3

ほんとそうなんだよなぁ。私も、1年前からそんな予感がしはじめた。
 
松原照子氏が1987年に出版した『宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)の中で
「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」と書かれています。
 
これを知った時、ぞっとしました。
 
松原氏の松原照子の大世見 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)の中に、
「あるお集まりの席で「東京でオリンピックは開催されますか」と質問されたとき、間髪を入れず「ない」と答えてしまいました。
そんな自分に驚いたと同時に、なぜあんなことをいったのか、いまだに気になっています。」
と書かれてあるらしい。
そのシーンはYoutube動画でも見たことがある。
 
私は他所の国のアスリートは普通に汚染が危険なことを知っているために選手が集まらないことをはじめ、ボランティアで失敗が続くわ、問題だらけで大コケして日本が世界に向けて大恥をさらすだろうと思っていたけど、松原氏に開催されないと言われると、だんだんそういう気がしてきたわけ(笑)
 
見栄っ張りの安倍としては大コケよりは中止の方が体面がいいからね(笑)
 
 
だから、それまでに本当に何か仕掛けてきそうな気がする。

3:匿名 2019年3月23日 03:46 | 返信

俺個人としては2020年に東京五輪なんて絶対に起きないと思う。何かしら(たぶん自然災害など)の出来事が起こり開催されないと思う。

今や日本は腐りに腐り、陰謀論を知ろうが知るまいが、日本の裏側を知ろうが知るまいが、極限にまで腐りはてもはや修復は不可能なレベルにまで陥っている。無数の証拠や理由があるにもかかわらずいまだに「証拠は?」「エビデンスは?」「権威のある人はそんなこと言っているの?」などとほざく日本人たちが跳梁跋扈している。

確実に東京五輪は開催されない。南海トラフか日本経済の破綻かはたまた戦争か、何かは私もわからないが必ず何か起こってオリンピックの開催を阻止するだろう。AKIRAでも東京五輪は開催されなかった。

2:匿名 2019年3月22日 06:23 | 返信

祭は遠くでやっているからこそ出かけて楽しめる、パラリン含めて一月やられちゃ迷惑以外の何物でもない。
だいたい全ての競技に国際大会のある現代にオリンピックなんてやる意味なんて無い、楽しみにしてるのは商売人と他人事の連中だけだ。

1:匿名 2019年3月21日 19:04 | 返信

昔の日本はまだ「正々堂々」としていたよ。
だが今の日本はどうだ?
自称最高責任者の詐欺師、安倍だぞ、安倍。
各地の被災者ほったらかしで、オリンピック学徒奴隷無料奉仕させるほどの安倍内閣だぞ。
世界中のアスリートや観客を放射能汚染漬けにして誰がよかったと思うものか?
終わった後も犯罪の片棒担がされた後ろめたさでいっぱいだよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。