過去の東京五輪も反対者は多かった、だが開会すると状況が一変した… 元選手が激白、2020年も同じことが起きる!? カルロス矢吹インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

過去の東京五輪も反対者は多かった、だが開会すると状況が一変した…  元選手が激白、2020年も同じことが起きる!? カルロス矢吹インタビューの画像1

 1964年に行われた東京五輪は本当に”美しい”大会だったのか? 1月7日に発売された作家のカルロス矢吹氏の著書『アフター1964 東京オリンピック』(サイゾー)は、そんな疑問に端を発した一作。

 1964年の東京五輪に出場した元オリンピアンに直接取材を敢行。膨大な資料と取材に基づいて、知られざる東京オリンピックの裏面史に迫っている。著者であるカルロス矢吹氏に話を聞いてみた。

 

――この本によると、1964年の東京五輪では、マイナーな競技ほどその後は不遇だったりして、競技としての発展が止まっていると書かれていましたね。2020年の東京五輪ではその点はどうなると思いますか?

カルロス:今回取材したほとんどの方が同じことを言っていたんですが、同じ道をたどることになるでしょうね。ハコモノを作るだけ作って、維持できなくなってしまう。長野オリンピックがまさにそうでしたから、次の東京五輪でもそうなるでしょうね。 それでも、「そうならないようにがんばりましょう」って言っておけば、まだ多少はマシになる可能性もあるかもしれないですからね。……でもまあ、まず無理でしょうね。無理だと思います。

過去の東京五輪も反対者は多かった、だが開会すると状況が一変した…  元選手が激白、2020年も同じことが起きる!? カルロス矢吹インタビューの画像2
カルロス矢吹

 1964年の東京オリンピックについて当時の新聞を見てみると、開催中は「わっしょい、わっしょい」なんですよ。でも、1960年のローマ大会とか、1964年の1月や2月の時点では、結構みんなブーブー言ってるんですよ。今と全く同じような流れなんです。

 だから、今回も実際に始まったらみんな盛り上がるんだと思いますね。始まる前にはブーブー言っていた人たちでさえ、実際に中継を見て、例えばスポーツクライミングで日本が金メダル獲ったりしたら、「クライミングっていいよね」って急に言い出すとか。

『東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典』(講談社文芸文庫)には、石原慎太郎三島由紀夫など当時の文化人が東京オリンピックについてどう言っていたかというのが残されているんですけど、みんな開催直前になって手のひらを返すんですよ。あとは、大会が始まってから、「こんなにすばらしいものだとは思わなかった」みたいに書いてあったり。恐らく今回もそうなると思います。

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

コメント

4:匿名 2019年3月24日 00:41 | 返信

>> 3

ほんとそうなんだよなぁ。私も、1年前からそんな予感がしはじめた。
 
松原照子氏が1987年に出版した『宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)の中で
「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」と書かれています。
 
これを知った時、ぞっとしました。
 
松原氏の松原照子の大世見 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)の中に、
「あるお集まりの席で「東京でオリンピックは開催されますか」と質問されたとき、間髪を入れず「ない」と答えてしまいました。
そんな自分に驚いたと同時に、なぜあんなことをいったのか、いまだに気になっています。」
と書かれてあるらしい。
そのシーンはYoutube動画でも見たことがある。
 
私は他所の国のアスリートは普通に汚染が危険なことを知っているために選手が集まらないことをはじめ、ボランティアで失敗が続くわ、問題だらけで大コケして日本が世界に向けて大恥をさらすだろうと思っていたけど、松原氏に開催されないと言われると、だんだんそういう気がしてきたわけ(笑)
 
見栄っ張りの安倍としては大コケよりは中止の方が体面がいいからね(笑)
 
 
だから、それまでに本当に何か仕掛けてきそうな気がする。

3:匿名 2019年3月23日 03:46 | 返信

俺個人としては2020年に東京五輪なんて絶対に起きないと思う。何かしら(たぶん自然災害など)の出来事が起こり開催されないと思う。

今や日本は腐りに腐り、陰謀論を知ろうが知るまいが、日本の裏側を知ろうが知るまいが、極限にまで腐りはてもはや修復は不可能なレベルにまで陥っている。無数の証拠や理由があるにもかかわらずいまだに「証拠は?」「エビデンスは?」「権威のある人はそんなこと言っているの?」などとほざく日本人たちが跳梁跋扈している。

確実に東京五輪は開催されない。南海トラフか日本経済の破綻かはたまた戦争か、何かは私もわからないが必ず何か起こってオリンピックの開催を阻止するだろう。AKIRAでも東京五輪は開催されなかった。

2:匿名 2019年3月22日 06:23 | 返信

祭は遠くでやっているからこそ出かけて楽しめる、パラリン含めて一月やられちゃ迷惑以外の何物でもない。
だいたい全ての競技に国際大会のある現代にオリンピックなんてやる意味なんて無い、楽しみにしてるのは商売人と他人事の連中だけだ。

1:匿名 2019年3月21日 19:04 | 返信

昔の日本はまだ「正々堂々」としていたよ。
だが今の日本はどうだ?
自称最高責任者の詐欺師、安倍だぞ、安倍。
各地の被災者ほったらかしで、オリンピック学徒奴隷無料奉仕させるほどの安倍内閣だぞ。
世界中のアスリートや観客を放射能汚染漬けにして誰がよかったと思うものか?
終わった後も犯罪の片棒担がされた後ろめたさでいっぱいだよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。