米軍が宇宙兵器「中性粒子ビーム」を2023年までに開発へ! 気象衛星にレーザー搭載、宇宙から中露のミサイル撃墜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
画像は「Defense One」より引用

 

 米国防総省がレーザーやビームを用いた宇宙兵器の開発・実験を進めていることが明らかになった。

 米国防情報サイト「Defense One」(3月14日付)によると、米国防総省はミサイル防衛を目的とした宇宙兵器開発のため2020年度予算として3億4百万ドル(約3400億円)を要求、2023年までにテストを行う意向だという。中国、ロシア、北朝鮮、イランのミサイル攻撃を警戒してのことのようだ。

 現在、米国防総省は2つの研究を行っている。1つはレーザーを搭載した気象衛星の開発だ。これには1500万ドル(約17億円)の予算がつぎ込まれている。2つ目は中性粒子ビーム(neutral particle beam)の開発である。光の速さに近い速度を持つ素粒子をミサイルにぶつけることで無効化する兵器だという。

画像は「getty images」より引用

 

 米国はこうした研究を80年代より続けており、1989年には「BEAR」と呼ばれる中性粒子ビーム兵器の実験を宇宙空間で行っている。実験はそこそこの成功を収めたものの、実用の面で困難が生じた。いくつかのプロトタイプが試作されたが、その1つは全長が72フィート(約22m)もあったのだ。

 だが、先週水曜日の会見において米国防総省のスポークスマンは、科学技術の進歩により中性粒子ビームの小型化と低コスト化が可能となり、実戦配備できる段階に来たと語ったという。一方で今回の発表がすぐさま宇宙兵器の運用を意味するものではないとも。

コメント

4:匿名 2019年3月19日 07:19 | 返信

>>2
日本は核兵器の代わりに原発を日本中に作ったんだよ。攻撃を受ければ福島原発のような大惨事となり、たとえ占領しても価値のない土地になる(除染・耕作不可・居住不可)。つまり爆発しない核兵器として国中に建設しているって事。

ちなみに長距離巡航ミサイルの開発はすでにニュースになっているので周知の通り。

3:アホンジン 2019年3月19日 03:13 | 返信

>> 2

いやいや、ニホンは秘密裏に核を作っているというのはニホンの裏を勉強している人なら誰でも知ってる当たり前のことでもあるよ。だから以前に米国大統領に「日本は本当に核兵器を作ってはいまいな?」と釘をさされたんだよ。あの大統領誰だっけ?ブッシュ?だったっけ?

ニホンが核兵器作ってるなんてちょっと検索すればすぐにでてくるよ。
ニホンジンはいつまでも無知で良い子なんだね。そりゃアメリカのワンちゃんには最適だ!

2:匿名 2019年3月18日 21:49 | 返信

日本は非核三原則があるし
無知な国民の核アレルギーが激しすぎるから
早いとこ核を凌ぐ超兵器を開発して所有すべきだな
レーザーや中性子のようなビーム兵器が良いだろう

1:匿名 2019年3月18日 18:40 | 返信

中性粒子ビームは、このように放物線を描いて飛んで行くのか。。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。