米軍が宇宙兵器「中性粒子ビーム」を2023年までに開発へ! 気象衛星にレーザー搭載、宇宙から中露のミサイル撃墜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 だが、米国の本心は今すぐにでも最新鋭のミサイル防衛システムが欲しいのではないだろうか? というのも、トカナでも報じたように、米シンクタンク「ランド研究所」のシミュレーションにより、ほとんどの戦闘において米国がロシアや中国に敗北するという結果が出ている。そして、その最たる理由の1つが米国のミサイル攻撃への脆弱性なのだ。

 このタイミングで米国防総省が宇宙ベースのミサイル防衛構想を打ち出したのも、ランド研究所の発表と無関係ではないだろう。

画像は「getty imagse」より引用

 だが、宇宙からミサイルを迎撃する場合、それは最高高度が100km以上に達する弾道ミサイルに限られるだろう。対北朝鮮であればICBMなどの弾道ミサイルの防衛だけでもいいかもしれないが、ロシアや中国はそうはいかない。

 ロシアが開発している「ツィルコン(ジルコン)」は、ミサイル巡洋艦や原子力潜水艦に搭載可能な巡航ミサイルだ。その速度はマッハ5~6。射程距離は明らかにされていないが、原子力潜水艦を米国の近くに配備すれば、宇宙からのミサイル防衛は全く意味をなさないだろう。

 元米国国防副長官で軍事と戦略のスペシャリストであるロバート・ワーク氏も、中距離の精密誘導ミサイル(巡航ミサイル)の危険性を上げており、米軍のF-35戦闘機は空においては最強かもしれないが、中国やロシアが基地や艦隊をピンポイントでミサイル攻撃してしまえば、戦闘機は空に飛べず地上で破壊されてしまうと警鐘を鳴らしている。

 とはいえ、米国もただ指をくわえて待つばかりではないだろう。今後さらにミサイル防衛システムの構築に多額の予算をつぎ込んでいくはずだ。第三次世界大戦を未然に防ぐためにも軍事力の強化は怠れない。

 

参考:「Defense One」、ほか

文=編集部

コメント

4:匿名 2019年3月19日 07:19 | 返信

>>2
日本は核兵器の代わりに原発を日本中に作ったんだよ。攻撃を受ければ福島原発のような大惨事となり、たとえ占領しても価値のない土地になる(除染・耕作不可・居住不可)。つまり爆発しない核兵器として国中に建設しているって事。

ちなみに長距離巡航ミサイルの開発はすでにニュースになっているので周知の通り。

3:アホンジン 2019年3月19日 03:13 | 返信

>> 2

いやいや、ニホンは秘密裏に核を作っているというのはニホンの裏を勉強している人なら誰でも知ってる当たり前のことでもあるよ。だから以前に米国大統領に「日本は本当に核兵器を作ってはいまいな?」と釘をさされたんだよ。あの大統領誰だっけ?ブッシュ?だったっけ?

ニホンが核兵器作ってるなんてちょっと検索すればすぐにでてくるよ。
ニホンジンはいつまでも無知で良い子なんだね。そりゃアメリカのワンちゃんには最適だ!

2:匿名 2019年3月18日 21:49 | 返信

日本は非核三原則があるし
無知な国民の核アレルギーが激しすぎるから
早いとこ核を凌ぐ超兵器を開発して所有すべきだな
レーザーや中性子のようなビーム兵器が良いだろう

1:匿名 2019年3月18日 18:40 | 返信

中性粒子ビームは、このように放物線を描いて飛んで行くのか。。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。