【緊急】退役したはずの伝説的ステルス戦闘機「F-117」が極秘裏に復活か!? すでに実戦“再投入”も… 米軍のヤバすぎる思惑とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

――軍事研究家・塩原逸郎が緊急寄稿!

F-117。画像は「The Aviationist」より引用

 F-117(通称:ナイトホーク)という航空機をご存知であろうか? 米ロッキード社が80年代に開発した、世界初のステルス攻撃機である。黒い塗装とレーダーに映りにくくするための角張ったデザインが特徴で、その姿はまさにUFOを想起させる。「アメリカがUFOの技術を取り入れて開発したのではないか?」と考える陰謀論ファンも存在する程だ。

 F-117は1989年の米軍パナマ侵攻時に初めて実戦に参加し、それ以来湾岸戦争・ユーゴスラビア空爆・イラク戦争と数々の戦争に投入されてきた。しかも、損害はユーゴ空爆時に撃墜されたただ1例があるのみの、極めて優秀なステルス機である。しかしながら、同時にデリケートな機体でもあるため、維持・管理コストがかさむことから2008年には全機が退役したと公式には伝えられている。

 ところが昨今、退役したはずのF-117の目撃情報が相次ぐようになった

 航空機専門サイト「The Aviationist」 2019年2月27日付の記事によれば、同日米デスバレー上空を飛行するF-117を複数の人物が目撃し、写真や動画撮影に成功している。デスバレーは、かのエリア51の近隣に位置している。

画像は「The Aviationist」より引用

 更に、同「The Aviationist」 3月2日付の記事によれば、2017年にF-117 4機がシリアにおいて密かに空爆を実施したという。

 退役したはずのF-117がなぜ現在においても飛行し、ましてや実戦に投入されているのだろうか?

 軍事研究家である筆者は、米空軍はF-117を秘密裏に現役に復帰させ、存在しないはずの飛行隊を編成していると分析する。極秘に存在し、公的にはその存在を認めない部隊は、実は軍事の世界ではよく見られるものだ。例えば、米陸軍特殊部隊「デルタフォース」は、著名な部隊であるものの、アメリカ政府は未だその存在を公的には認めていない。こうした例は日本でもあり、北朝鮮工作船の対応にあたったとされる海上保安庁の特殊部隊SST(Special Security Team: 特殊警備隊)は、95年に発足したものの2000年代になるまで存在の公表はなされなかった。

コメント

8:匿名 2019年3月17日 17:44 | 返信

やばすぎるって何がヤバイの?

7:匿名 2019年3月8日 18:47 | 返信

F-117は退役じゃなくて、停止状態で場合によっては稼動させるって事
だったんだぞ?使ってても不思議は無い。

6:匿名 2019年3月7日 23:08 | 返信

F-35はどうか知らないがF-22とB-2はレーザー誘導爆弾を使えないはず。
F-117はレーザー誘導爆弾を撃てる。移動目標を爆撃するのはレーザー誘導爆弾でなきゃ難しい

5:匿名 2019年3月7日 21:33 | 返信

撃墜されて死ぬ可能性があるのに?
無理がある説だろ、それw
頭悪すぎるぞ、塩原くん?

4:金 正恩 2019年3月7日 19:22 | 返信

→3

捨て駒はかわいそう。実戦データ収集機とでもいうべきか、AI無人機なんかにも役立ちそう。

3:匿名 2019年3月7日 18:46 | 返信

長々書いてるが一言で済む。
「捨て駒に最適な旧型機」
これで全部伝わるw

2:金 正恩 2019年3月7日 18:20 | 返信

絶賛発売中の欠陥機F-35が旧式SAMで撃ち落とされまくると商売上影響が出るからな。島国土人ならともかく。戦場ってところは経験がモノ言う場所だと言うことだろう。シカゴボーイズの新自由主義に毒された外注重視、コスト落として株価上昇、キャピタルゲインに血眼な経営者のアメリカ合衆国製(労賃の安いアジア、中華部品)の製品より、7~80年代に開発され自国の誇り高い職人たちの手で丁寧に造られた合衆国製の最後の輝きなのかも。

1:匿名 2019年3月7日 17:46 | 返信

レーダーに映りにくくするために角ばったデザインなのではない。
じゃあなぜ現在のステルス爆撃機や戦闘機は角ばってないのかな?
これだからオカルトライターは。。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。