今、陰謀論の中心は「ベネズエラ」だ! ロックフェラー・イルミナティVS抵抗勢力の大戦争開始→日本混乱、世界の全構図解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13

――軍事研究家・塩原逸郎が緊急寄稿

 2019年初から混乱が続く南米ベネズエラ。1月23日には、同国政治家フアン・グアイド氏が暫定大統領への就任を宣言し、同国に大統領が2人存在するという異常事態に陥った。

1902Venezuela-1.jpgフアン・グアイド氏。画像は「BBC」より引用

 アメリカをはじめ欧米各国がグアイド暫定大統領を正当な大統領として承認する一方、中国やロシアは依然として従来の大統領、ニコラス・マドゥロ氏を承認し続け、ベネズエラを巡って今や世界は二分された状態にある。更には28日、ホワイトハウスでベネズエラ情勢の対応を説明していた米ボルトン大統領補佐官のノートに「米兵5000人をコロンビアに」との記述があった事が判明し、米軍が介入するのではないかとの憶測を呼んでいる。

 このような現在のベネズエラ情勢をどう見るべきだろうか? 筆者は、今のベネズエラをイルミナティ連合と反イルミナティ勢力が激突する戦場と捉えている。順を追って解説していきたい。

 まず、ベネズエラについて簡単に紹介しておく。

●ベネズエラの反米左派政権

 かの国は、1999年2月元軍人のウゴ・チャベスが大統領に就任、国民に根強い人気を持つ反米左派政権が誕生した。チャベスは癌で死去する2013年3月まで、実に14年間も大統領の座に就いていた。チャベスの後任の大統領には、彼の腹心であったニコラス・マドゥロが就任し、現在に到るまで反米左派政権を率いている。

●ベネズエラは世界有数の産油国

 また、ベネズエラは世界有数の産油国である。同国で確認されている原油埋蔵量は実に3009億バレルに達し、これは世界第一位を誇っている。かの国の経済は、石油に大きく依存している。

●石油があるのに貧しい国

 そして、世界有数の産油国でありながら、現在のベネズエラ経済は困窮を極めている。物価は超インフレ状態であり、児童の栄養失調率は実に20%に達する。困窮を極めた国民の国外脱出も相次ぎ、その数は実に300万人にのぼる。これは、シリア内戦で発生した難民に次ぐ数だ。

 本来豊かな国であるはずのベネズエラの困窮の背景には何があるのだろうか?

コメント

13:匿名 2019年3月16日 10:04 | 返信

>> 4

ガンジーはイギリス留学中にMI6からリクルートされ向こう側の人になった。

フリメーソン3階級のイニシエーションを行ったとされる記録が隠語で彼の日記に書かれているし。

つまりガンジーの目的、使命は、「インドを分裂させ、将来の戦いの準備をすること」。

世界的に偉人とされてる人は、じつは裏の顔が有り印象と真逆の事が、よくある話。ガンジーも例外ではない。

12:匿名 2019年3月15日 23:27 | 返信

一般人はオカルトと吐き捨て最先端の科学者が悪魔崇拝する この世の謎よな

11:匿名 2019年3月15日 12:41 | 返信

オカルト系のサイトならともかく、そういうものに全然関係ないサイトの政治のトピックスにまでやたらとプーチンを正義視した書き込みをしつこくしてくる人がたまに居るんだけど、こういう記事を読んで素直にプーチンを正義だと思い込んだ人なのかな。
 コミンテルン思想の人がオカルトを利用して、未だに洗脳活動をしてるのかな。
 ずるいなと思うのが、この手の人たちはプーチンを掲げても、同じ類に属する?習近平のことは隠しているところ。近平を持ち上げたらすぐにうさん臭さがばれてしまうからだと思うけれど。
.
イルミナティ、ロックフェラーどちらも強欲なエゴイスト集団だし、どちらかが正義なんてありえないと思う。どちらも無くなってほしい。

10:匿名 2019年3月15日 08:38 | 返信

いや、ロックフェラーは保守派だからまずない。それよりロスチャイルドの方が近い気がする。イルミナティもユダヤに関わるし、そちらもリベラルのその勢力に近い。またグローバル程共産思想が強いのも説得力ある。

9:匿名 2019年2月8日 00:31 | 返信

プーチンが反イルミナティって嘘もたいがいにしとけ。ロシアはアメリカのプロレス相手だろうがw。
ロシアは茶番劇が得意なんであって決して正義の味方でも何でもない。むしろロシアのほうが体制としてはやばいだろ。ベネズエラだって独裁政権を支持してるのがロシアだし碌d目おない国がロシアだろうがw

8:匿名 2019年2月5日 08:48 | 返信

イルミナティと戦うプーチンて、世界中の犯罪やテロで使われている銃はロシア製だぞ。

石油と兵器、ハッキング以外に主要なビジネスがあるのかね?

隣国のウクライナやジョージアに侵攻して不法占拠しているし、ナゴルノカラバフ問題を陰で操ってるんだってロシアだろ。

こんなくだらん陰謀論を書いてる暇あったら、もう少し世界情勢を勉強してはどうか?

7:匿名 2019年2月3日 03:54 | 返信

イルミナティー諸国って具体的にどこよ、反イルミナティー諸国ってどこなんだよ、まず世界地図で色分けしろ。
この場合安保理で中ロはマドゥロ支持なんだから、「闇の世界政府」全く成立してねえだろ。
その送り込んだとやらの暗殺部隊は殺人誘拐を繰り返す、犯罪集団殺せよ、ホンジュラスに次いで重大犯罪発生率、堂々の世界第二位なんだから。
そもそも年率インフレ率100万パーセントに達して、トイレットペーパーより紙幣の方が価値がない状態になっているのに、どうやって武器ビジネス成立させんだよ、生活物資も買えないから17、18年でで国民の平均体重15キロ以上減ったんだぞ
だから国民の一割以上が300万人が難民になっている状態なのに、だから現国民いい加減極貧生活させるのも大概にしろって言っているのに、いくら埋蔵量世界一だって、それはあくまでそう目されているだけだ、掘れなきゃ金にならない、米国が経済制裁し始めたのは父ブッシュの時代だが、もうその時には国大傾き状態だった、虚実折り込み記事でもない、虚構しか書いてない記事だ。

6:匿名 2019年2月2日 18:15 | 返信

何一つ「事実」の無い記事。

全て「だろう」とか「思う」では記事としてどうなのよ。

5:匿名 2019年2月2日 00:26 | 返信

得を特と誤字したままで気づかないような間抜けが他者を馬鹿にする様は宇宙人から見たら滑稽に見えるのだろうか。

4:匿名 2019年2月1日 22:06 | 返信

あっそういや面白いのが昔いて、私は陰謀論でお馴染みの爬虫類型宇宙人に毎日攻撃を受けていてそのせいで引きこもりになりニートになり病気にもなったんだと(?)。
百歩譲ってその人が社会的にそれこそガンジーほどに影響力がありそれほどまでに活動をし人や社会や地球のために頑張っているというのならその宇宙人にとっても迷惑極まりないだろうから攻撃を受けても不思議ではないと思う。しかし社会的に影響力はまさしくゼロであり影響力がないどころか家から一歩も出たことがほとんどないような人を攻撃してその宇宙人にとってなんの特になるというのか?もちろんですがなんの特にもならないですし、そんなバカに付き合っていられるほど宇宙人さんも暇じゃないと思いますよ?(笑)

3:匿名 2019年2月1日 17:23 | 返信

突き詰めたら、武器ビジネスというものが経済の大きい部分を支えている事が虚しい。

国の運営には欠かせない豊富な資源を生み出せる国々はいつも争いごとが絶えない。資源が乏しい国は国民の所得に目をつけて、税金を上げるしかなくて人口が減ると税収が落ちて国の運営が成り立たなくなるという方式。

2:匿名 2019年2月1日 16:56 | 返信

景気が悪いのもイルミナティが悪いって言えば解決するって発想が貧困っすね
あとプーチンが介入するのも国威掲揚をして支持率を上げつつあわよくば武器を売りつけ資源を収奪する意図とも取れるのにまるで昔の東側の軍備や核兵器はきれい正義と言っている連中やな

1:205/103の分裂が退出できない理由w 2019年2月1日 16:39 | 返信

自分はあきらめたのかもしれない。
誰を崇めても救いの手は絶対に来ないと思う。
どんな事が起きてもそれも必然のプロセスだと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。