【緊急】退役したはずの伝説的ステルス戦闘機「F-117」が極秘裏に復活か!? すでに実戦“再投入”も… 米軍のヤバすぎる思惑とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
目撃されたF-117。画像は「Instagram」より引用

 ではなぜ、10年以上前に退役した機体で秘密裏に部隊を編成したのだろうか?

 筆者は、F-117が「古く、かつ敵対国に情報が漏れている」からこそ、投入しやすい事が理由であると分析する。F-117の角張った外観は、80年代のコンピュータで設計された、古いステルス技術に基づいている。より新しいステルス機であるB-2やF-22、F-35はより洗練されたコンピュータで設計されており、滑らかな曲線のデザインを実現している。

 また、F-117の技術情報は既に中国やロシアといったアメリカの仮想敵国に既に流出している。ユーゴ空爆時、F-117が唯一撃墜された事案において、中露はその残骸を分析する事でF-117のステルス技術を入手しているのである。

F-35。画像は「Wikipedia」より引用

 すなわち、F-117は米空軍にとって「仮に撃墜されても新たな技術流出の心配の少ない」機体であり、より新しいB-2やF-22、F-35といった機体を空爆に投入するよりリスクが低い、使い勝手の良い機体なのだ。故に、あえて古い機体であるF-117で極秘に飛行隊を編成し、実戦に投入しているのである。

 核合意を破棄し、イランに対し経済制裁を含む超強硬な姿勢を取る米トランプ政権。仮にイランへの軍事攻撃に踏み切れば、そこにはF-117の姿があるかもしれない

文=塩原逸郎

コメント

8:匿名 2019年3月17日 17:44 | 返信

やばすぎるって何がヤバイの?

7:匿名 2019年3月8日 18:47 | 返信

F-117は退役じゃなくて、停止状態で場合によっては稼動させるって事
だったんだぞ?使ってても不思議は無い。

6:匿名 2019年3月7日 23:08 | 返信

F-35はどうか知らないがF-22とB-2はレーザー誘導爆弾を使えないはず。
F-117はレーザー誘導爆弾を撃てる。移動目標を爆撃するのはレーザー誘導爆弾でなきゃ難しい

5:匿名 2019年3月7日 21:33 | 返信

撃墜されて死ぬ可能性があるのに?
無理がある説だろ、それw
頭悪すぎるぞ、塩原くん?

4:金 正恩 2019年3月7日 19:22 | 返信

→3

捨て駒はかわいそう。実戦データ収集機とでもいうべきか、AI無人機なんかにも役立ちそう。

3:匿名 2019年3月7日 18:46 | 返信

長々書いてるが一言で済む。
「捨て駒に最適な旧型機」
これで全部伝わるw

2:金 正恩 2019年3月7日 18:20 | 返信

絶賛発売中の欠陥機F-35が旧式SAMで撃ち落とされまくると商売上影響が出るからな。島国土人ならともかく。戦場ってところは経験がモノ言う場所だと言うことだろう。シカゴボーイズの新自由主義に毒された外注重視、コスト落として株価上昇、キャピタルゲインに血眼な経営者のアメリカ合衆国製(労賃の安いアジア、中華部品)の製品より、7~80年代に開発され自国の誇り高い職人たちの手で丁寧に造られた合衆国製の最後の輝きなのかも。

1:匿名 2019年3月7日 17:46 | 返信

レーダーに映りにくくするために角ばったデザインなのではない。
じゃあなぜ現在のステルス爆撃機や戦闘機は角ばってないのかな?
これだからオカルトライターは。。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。