土星の輪には地球サイズの超巨大UFOがいる! 封印された激ヤバ写真流出、元NASA博士「宇宙人が許可したから人類は存在できる」

 NASAが厳重に保管していた土星の写真がリークされた――。そこに写っていたのは、土星の環の近くにある超巨大UFOなのだ。

■土星のリングの近くに赤く光る“超巨大UFO”

 2018年7月に逝去したノーマン・バーグラン博士はかつてNASAの研究者だったが、著書の中で土星の環(リング)に3機の巨大な葉巻型宇宙船が浮かんでいることを指摘している。また、アポロ計画において月面で撮影された1枚の写真には“漆黒のエイリアン”が写り込んでいたことも、かつてのインタビューで明かしている。

 バーグラン博士ほどの一流の科学者が“UFO”と“エイリアン”の存在を確信していることは、世の大きな関心を集め続けていただけに、その死が惜しまれる。

 バーグラン博士の話題を再び取り上げたオルタナティブメディア「Collective Evolution」の記事では、これまであまり世に紹介されていなかったNASAのリーク写真をフィーチャーしている。

土星の輪には地球サイズの超巨大UFOがいる! 封印された激ヤバ写真流出、元NASA博士「宇宙人が許可したから人類は存在できる」の画像1
「Collective Evolution」の記事より

 この写真は、1980年にNASAの宇宙探査計画「ボイジャー計画」の中で撮影されたもので、NASAは外部に漏れないように管理していたものの、何らかの経緯でリークされたものであるという。

 元米陸軍上級曹長であったUFO研究家のロバート・ディーン氏が2009年に行った講演でも、同写真は取り上げられている。ちなみに、ディーン氏とバーグラン博士とは友人の間柄であったということだが、ディーン氏もまた2018年10月にバーグラン博士を追うように他界した。

土星の輪には地球サイズの超巨大UFOがいる! 封印された激ヤバ写真流出、元NASA博士「宇宙人が許可したから人類は存在できる」の画像2
画像は「Wikipedia」より

 写真には、土星の環のすぐ外側にホバリングしている1つの“発光源”がクッキリと写り込んでいる。ディーン氏はこれを赤い丸枠で囲んで聴衆に見せ、大きさは我々の地球ほどもあると解説している。さらにバーグラン博士によれば、土星の環と衛星には巨大な宇宙船が次々と姿を現し、まさに“増殖”しているということだ。そして、こうした巨大宇宙船の存在は100%信じられるものであるとバーグラン博士は主張していたのである。