ノートルダム大聖堂火災は第三次世界大戦の合図だった!? 日本滅亡も…雑誌『エコノミスト』と謎のアニメ予言が怖すぎる!

「米中間では次世代通信5Gをめぐって苛烈な競争が行われている。その分野の技術力では、実は米国より中国の方が上。それを良しとしない米国がプレッシャーをかけているが『5Gを制する者は世界を制する』と言われているだけに、中国がすんなり折れるとは思えない」とは経済誌記者。そう考えると、上記のカードは交渉決裂し、米中の争いが本格的に始まるということではないのか。

ノートルダム大聖堂火災は第三次世界大戦の合図だった!? 日本滅亡も…雑誌『エコノミスト』と謎のアニメ予言が怖すぎる!の画像4画像は「The Economist」より引用

 しかも恐ろしいのは、左下の「DEATH」のカード。文字通り「死」を意味し、核爆弾の投下が確認できるが、背景に目をやると「旭日旗」、つまり「日本」を指しているようにも見える。前出ライターは「米中の緊張が高まり、第三次世界大戦が勃発。その舞台が日本となる可能性を示唆しており、場合によっては日本滅亡もありうるのでは?」と語る。

 ノートルダム火災を予言していたのは、エコノミスト誌だけではない。2013年にリリースされた謎の短編映画「I,Pet Goat2」。ジョージ・ブッシュ元大統領や、バラク・オバマ前大統領と思しきCGキャラクターも登場するが、内容自体は意味不明。一説には世界の光と影、表と裏、未来を暗示しているという。そんな同作のラストシーンで、崩れゆくノートルダム大聖堂が描かれているから驚きだ。同時に出現するのは額にイルミナティのマークが刻まれたイエス・キリストと思しき男性。しかもその男性の目の中は萌えているのだ。

ノートルダム大聖堂火災は第三次世界大戦の合図だった!? 日本滅亡も…雑誌『エコノミスト』と謎のアニメ予言が怖すぎる!の画像5

 前出オカルトライターによれば「映画では氷の世界がキリストの〝復活〟によって溶け、ノートルダム大聖堂は燃え盛り、雲から陽が差していく。イルミナティを筆頭に世界を裏で牛耳る〝キリスト教勢力〟に対して、何らかのメッセージを送ったのではないか」という。映画ではイエス・キリスト=救世主のように表現されているが、必ずしも吉兆というわけではない。キリスト教に大いなる指導者が出現するという意味で、それが結果的にイスラム教との宗教戦争に結びつく可能性もある。ノートルダム大聖堂の火災が歴史の転換期になりそうで怖い。

文=岡流鵜斗

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

ノートルダム大聖堂火災は第三次世界大戦の合図だった!? 日本滅亡も…雑誌『エコノミスト』と謎のアニメ予言が怖すぎる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル