ノストラダムスの令和大予言「5月11日巨大地震説」が怖すぎる! 令和元年に日本崩壊か…!

『1999年、7の月 空から恐怖の大王が降ってくるだろう
アンゴルモアの大王を復活させるために
その前後の期間、マルス(火星)は幸福の名のもとに君臨するだろう』
(『百詩篇』第10巻72番)

 これは、かの有名な大予言者・ノストラダムスによる人類滅亡大予言である。有名なこの滅亡予言が、最近再び注目を集めているのだ。

ノストラダムスの令和大予言「5月11日巨大地震説」が怖すぎる! 令和元年に日本崩壊か…!の画像1
画像は「Amazon」より

■『ノストラダムスの大予言』著者の五島勉氏、平成最後に語る

 日本を震撼させた大ベストセラー『ノストラダムスの大予言』(祥伝社)の著者である五島勉氏(89)が、今月7日に放送された「Mr. サンデー 平成最後の大追跡SP」(フジテレビ)で取材に応じた。

  同番組で五島氏は、『1999年7の月 空から恐怖の大王が降ってくるだろう』という予言について、「子供たちが読むと思わなかった。子供たちを怖がらせたことについては謝りたい」などと語った。そして大人たちに対しては、「予言の部分しか読むのではなく、エゴによる環境破壊や戦争をやめれば人為的な破滅は避けられるという最後に書かれた『救いの章』を読んで欲しかった」と残念そうに述べたという。

 今では誰もが知る大予言者・ノストラダムス。ノストラダムスを日本に知らしめたのは五島勉氏のように思われているが、実は、最初に日本に紹介したのはミステリー・SF作家の黒沼健氏である。このことは一般的にはあまり知られていない。

 黒沼氏は1957年に上梓した『世界の謎と怪奇』(新潮社)の「七十世紀の大予言」という章で、ノストラデムス(ノストラダムス)を紹介している。この本でも例の1999年7月予言について触れられており、どうやら五島氏も黒沼氏からノストラダムスのことを教えてもらい、それを書籍化したのがあの『ノストラダムスの大予言』だったそうだ。

 五島氏がノストラダムスを発表した1970年代は、高度成長期の終焉した時期であった。オイルショックによる物資不足の不安、経済成長の影響で、四日市ぜんそくや水俣病などの公害問題が発生、界的には、米ソ対立の冷戦による全面核戦争の恐怖。そんな社会不安が高まる中、『ノストラダムスの大予言』に書かれた「1999年人類滅亡」というショッキングな内容は当時の人々の胸に突き刺さった。そこから、日本の世紀末ブームは一気に加速したのである。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ