“ダルク入所”経験者が語るダルクの裏側「ただの逃げ道。“蟲が湧く”のは避けられない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

画像は「YouTube」より引用

 ピエール瀧こと瀧正則被告が4月4日に東京湾岸警察署から23日ぶりに保釈された。

 その後の行動は各マスコミが後を追ったが、弁護士事務所に立ち寄ったのを確認されたのみで、自宅かホテルに帰ったであろうとの予想で終わっている。

 違法薬物を含め、処方箋や市販薬などの依存症を受け入れるのが、専門的な病院であり、北海道から沖縄まで日本各地に点在するダルクの存在だ。

『ダルク(DARC)とは、ドラッグ(DRUG=薬物)のD、アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)のA、リハビリテーション(Rihabilitation=回復)のR、センター(CENTER=施設、建物)のCを組み合わせた造語で、覚醒剤、有機溶剤(シンナー等)、市販薬、その他の薬物から解放されるためのプログラムを持つ民間の薬物依存症リハビリ施設です。』(全国ダルクHPより抜粋)

 これらの施設が薬物依存者や家族、関係者を助けてきた役割は大きい。

 だが、その一方であるダルクに入っていた人間の意見も参考にしてほしい。

僕がダルクに入ったのは執行猶予狙いです。ダルクに入って薬物を抜き、反省している態度を裁判官に示す必要があったからです」(某ダルク元入寮者A氏)

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年5月20日 06:17 | 返信

セックスやオナニーを止められないのと変わらないからな
いかに難しいか

3:匿名 2019年5月17日 14:52 | 返信

自分の在住している地域にダルクがあり、ダルクの人を何人か知っていますが、更生されている人は、立派に復職して生活されていますよ。
地域にも貢献されていますし、顔つきもしっかりされています。
それでも耐えきれずどこかしらから手に入れ使ってしまう人もいるにはいますが、少数です。
確かに向精神薬はどうしても服用になりますね。それでも再犯より良いですよ。
向精神薬も使いようによるんじゃないですか?彼らを診ている精神科は多剤処方をするような精神科医ではありません。あくまでも向精神薬は必要悪です。しょうがない部分はあります。
どうしても脱落者は出てしまいますが、悪いふうに書く事で面白おかしく取り上げるのはどうかと思いますね。

2:匿名 2019年5月7日 22:03 | 返信

詳しいことは知らないがダルクのやってることはおそらく
違法薬物→向精神薬
に置き換えているだけの治療だと思う。これは精神科医のよくやる手口。
ネットで違法薬物と向精神薬の科学的な構造を調べてもらえればけっこうだがほぼ違法薬物と同じである。
こんなの治療じゃないし、それを飲んだらその患者がどうなるかはシロウトの頭脳で考えていただければそれでけっこうだ。

1:匿名 2019年5月7日 09:45 | 返信

× 辞める
○ 止める

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。