“ダルク入所”経験者が語るダルクの裏側「ただの逃げ道。“蟲が湧く”のは避けられない」

関連キーワード:

,

,

,

ダルク入所経験者が語るダルクの裏側「ただの逃げ道。蟲が湧くのは避けられない」の画像3
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 だが、それが裁判上有利に働くケースもある。

 逮捕・起訴された被告は保釈申請もしないで、拘置施設で反省をしていた、と裁判官に訴えることも出来るのだ。

 A氏はこの二度目の逮捕で懲役3年、執行猶予5年、保護観察5年というギリギリの判決を受けて刑務所生活は免れたという。ダルクという“逃げ道”の効果もあっただろう。

 最後にA氏は次のように語った。

「初犯だったらよほどの量を持っていたり、情が悪かったり売買をしていなければ刑務所は行きません。僕はダルクという逃げ道を作り懲役を免れましたが、薬物は自分の意志だけで絶対に辞められます。一度快楽を覚えたら辞められないと教え込まれ、脳が覚えているので一生の戦いと言われましたが、薬物はみんなで辞めるものじゃないですよ。辞められないですよね、それでは。もちろん、ダルクによっては評判のいいところもあるので、あくまでも、私がいたダルクの話であり、私の意見ですけどね」(A氏)

 覚醒剤、違法薬物の使用は当然違法であるし、自己責任である。

 初めは人に教えられて自ら体内に入れるが、それらも全て自己責任だ。

 覚醒剤などは“被害者なき犯罪”といわれ、刑の一部執行猶予など初犯には甘くなっている。しかし、今回瀧正則被告の逮捕では、コカインのような薬物の蔓延が明らかになった。今後も新たな薬物事案から目を離せない。

文=広本

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

“ダルク入所”経験者が語るダルクの裏側「ただの逃げ道。“蟲が湧く”のは避けられない」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル