【メアリー児童虐待事件】犬の糞やゴミを食べて育ち、SEX見せつけられ… 母親から壮絶虐待を受けた姉弟、悲劇の全貌!

 米オクラホマ州で、今年4月、5歳の長女と3歳の長男に対する児童虐待の罪で実の母親メアリー・ムーア(34)が逮捕された。

【メアリー児童虐待事件】犬の糞やゴミを食べて育ち、SEX見せつけられ… 母親から壮絶虐待を受けた姉弟、悲劇の全貌!の画像1
逮捕されたメアリー・ムーア。画像は「Patheos」より引用

 現地メディア「KFOR」の報道(4月15日付)によると、病院に運ばれた子供たちは極度の栄養失調を起こしており、集中治療室に移された。2人の子供の体重はそれぞれ約12キロと約8キロと激しく痩せ細っており、信じがたいことに母親から犬の糞を食べさせられていたという。

 病院に駆けつけた児童相談所職員によると、5歳の長女はメアリーに犬の糞を食べさせられたり、“調理した”ゴミを食べさせられたりしていたと言い、生まれてから一度も野菜を食べた事がないと話した。

 この長女の便からはギョウ虫が見つかっており、医師はインタビューで原因は犬の糞を食べさせられていたからだと述べた。重い病気を発症していなかったのは不幸中の幸いだろう。

 また長女はメアリーの交際相手についても話している。その交際相手が3歳の弟に瓶を投げつけるところや、母親と性行為しているところを目の前で見せつけられたことがあると語った。

 事件を担当した警官は、「警察への報告がもう少し遅れていたら子供達は亡くなっていたかもしれない」と話す。そのぐらいに子供達の健康状態はひどかった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ