【超真相】米軍がUFO情報を集める“本当の理由”とは!? 「あるAIシステム完成のため…」元顧問が極秘研究を暴露、衝撃広がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,

 先日トカナでもお伝えしたとおり、米海軍ではUFOを目撃した兵士のための新ガイドラインを作成したという。UFOを報告するための手順が定められ、分析するためのプロセスが正式に定められたわけだが、この動きの裏には米国防総省(ペンタゴン)のある狙いが存在するという。この“狙い”について、元米空軍科学顧問による解説が英「Daily Mail」(5月17日付)に掲載された。果たしてその内容とは――?

イメージ画像は「Getty Images」より引用

■ペンタゴンがUFOに興味を示す理由

「米軍はようやくエイリアンが我々の星に来ていると認めたのか? 答えはほぼ確実にNoだ」

 新ガイドラインの狙いについてそう述べているのは、米ミシガン大学の航空宇宙工学教授イアン・ボイド氏である。元米空軍の科学顧問だというボイド氏は、ペンタゴンの狙いがエイリアンであるという説を冒頭から切って捨てた。そして、ペンタゴンが狙うのは、「人間による自然現象の誤った解釈がもたらす混乱を避け、今はよくわからない飛行物体をより良く理解できるようになること」なのだという。

「人々は不完全な情報や誤解によって、自分が見ているものを誤って解釈してしまうのです」(同氏)

 ボイド氏によると、米軍が狙っているのは、人々がよくわからないものを目撃したときの「状況認識(situation awareness)」改善することだという。より具体的に言うと、UFOのような“奇妙なもの”が発見された際、人工衛星やレーダーなど様々な観測機器で自動的に観測し、その結果をAIで分析して正体を解明するようなシステムの開発である。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年5月23日 22:55 | 返信

改善することだという。→✕
を改善することだという。→○
なんじゃね?

4:匿名 2019年5月22日 06:22 | 返信

|馬鹿がまた意味不明な事をほざいてる。笑




3:トランプ大統領 2019年5月22日 02:38 | 返信

よくわからないものを理解するのだから、正体がバレる筈だ。
それで出来なかったら只では済まされない。
嘘を吐いて誤魔化していたら、作った奴の頭がおかしいってことだ。
私の予想だと今まで嘘を積み重ねて作り続けた奴が正体を鮮明に明かすなど考えにくいので
インチキで誤魔化されるのではないかと思うのだ。
そんなものはなかったと言い張るか、明らかに地球産ではない飛行物体をフェイクだと言い張るに決まっている。左翼ってのはそいつらとグルなんでいつまでたっても正体が鮮明にならん。
いや、地球内部からだったとしたら地球産かもしれんが・・・
私は違うぞ!卑怯にも空を飛んで調子に乗っている奴は生かしては置けない存在だ!
許されない犯罪行為なので奴を撃墜し仕留めることをお約束しよう!
空を飛んで逃げるのは卑怯者のやることなので敵であるとみなして
どんな手を使ってでも破壊すべきなのだ!期待している方もおられるのでやらねばならん。

2:匿名 2019年5月21日 18:13 | 返信

なお、
記事冒頭にあるUFOだが、未確認飛行物体のことであり、いわゆる空飛ぶ円盤を指しているわけではない。

1:匿名 2019年5月21日 18:03 | 返信

さまざまなセンサーが得た断片的な情報を統合して全体図を得るというのはステルス破りのバイスタティックレーダーに通じるものがある

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。