薔薇族編集長・伊藤文學 講演会開催!『令和の名付け親とされる中西進さんと薔薇族のぼく~それは短歌の出会い』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

 月刊サイゾーで連載をしている薔薇族編集長・伊藤文學氏が6月1日トークイベントを開催することが分かった。

 テーマは『令和の名付け親とされる中西進さんと薔薇族のぼく~それは短歌の出会い』。伊藤文學氏は短歌に精通しており、学生の頃から国文学者で万葉集研究第一人者の中西進氏と交流があった。中西進氏は新元号である「令和」の生みの親とされ、いま最も注目を浴びている人物だ。

 今回、伊藤文學氏は中西進氏と過去の交流を振り返り、その当時の思い出を語る予定だ。もちろん薔薇族の話も忘れてはいけない。ふだんあまり表にでない裏話を披露してくれるかもしれない。また、当日は文學氏の歌集『渦』の豆本が入場者全員にプレゼントされる予定だ。しかもこの歌集の序文は中西氏が寄稿したものである。大変貴重なものだ。ぜひとも手に入れよう。

 その他、詳しい詳細はイベントページを確認してほしい。

『令和の名付け親とされる中西進さんと薔薇族のぼく~それは短歌の出会い』
日程:2019年6月1日(土) 
時間:13:30開場/14:00開演(16:00終了予定。途中休憩あり)

場所:東京都渋谷区道玄坂1-20-8 寿パークビル 2F(株式会社サイゾー イベントスペース)
料金:前売り¥1,500/当日¥2,000
   高校生以下¥500

※当日券と高校生以下のチケットは当日、受付にて入場料をお支払ください。
※ネットでの購入ができない方は、https://twitter.com/barazoku_ito にDMで、チケットの取り置き枚数と代表様のお名前をお送りください。

*中西進さんは出演いたしません。

●イベント詳細
https://barazoku-ito.peatix.com/

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。