南海トラフ巨大地震は“3カ月以内”に発生か!? 最も危険な月は… ペルーM8.0地震で“法則”発動、過去データで判明!

南海トラフ巨大地震は3カ月以内に発生か!? 最も危険な月は… ペルーM8.0地震で法則発動、過去データで判明!の画像1
画像は「RT」より引用

 5月26日、南米ペルーでM8.0の巨大地震が発生した。地球の裏側の話にすぎないと気に留めていない読者も多いかもしれないが、それは大きな誤りである。ペルーは日本列島もすっぽりと収まる「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」に位置しており、同国で起きる地震と日本列島で起きる地震は不気味に連動しているのだ。この恐怖の法則、そして間もなく日本を襲うことになる地震について詳しく解説したい。

■ペルーでM8.0、他人事ではない!

 まずは、今回ペルーで発生した巨大地震について概要を述べる。発生日時は26日の未明、2時41分(日本時間26日16時41分)。震源はペルー北部ラグナスから南南東約80kmの内陸、地震の規模はM8.0だった。深夜だったこともあり、現地では就寝中を襲われた多くの人々が戸外へと飛び出した。今回の地震によって少なくとも1人が命を落とし、10人以上が負傷した模様だ。

 ペルーでは、太平洋上のナスカプレートが大陸の南米プレートに潜り込んでおり、過去にも内陸部でM8クラスを含む大地震が繰り返し発生している。今回は幸いにも津波の危険はなかったが、発生した場合にはそれが日本付近まで到達することもある。

■「環太平洋対角線の法則」

南海トラフ巨大地震は3カ月以内に発生か!? 最も危険な月は… ペルーM8.0地震で法則発動、過去データで判明!の画像2
画像は「Wikipedia」より引用

 前述の通り、ペルーは日本と同じく「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」に位置するが、ここで過去に起きた大地震のデータを解析した結果、筆者はある恐ろしい事実に気づいた。なんと、リング・オブ・ファイア上のある地点で大地震が起きると、だいたい半年以内に、その対角線上の地点でも大きな地震が起きる傾向が見られるのだ。この新発見を筆者は「環太平洋対角線の法則」と名付けた。では、以下に実例を示す。なお、データが多すぎるため、今回の事例に則して南米でM6.0以上、その後に対角線上の日本で大地震が続いた例を抽出している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ