「令和南海トラフ巨大地震」は発生目前、今年後半か!? 過去の日向灘地震を分析して判明、覚悟を決めるべき時が来た!

「令和南海トラフ巨大地震」は発生目前、今年後半か!? 過去の日向灘地震を分析して判明、覚悟を決めるべき時が来た!の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用

 5月10日、宮崎県日向灘でM6.3の大きな地震が発生し、最大震度5弱を記録した。震源が南海トラフの西端に位置することから、今回の地震がさらなる大規模地震につながる可能性を懸念する学者も少なくない。そこで、過去の地震データを独自解析してみた筆者は、日向灘で地震が起きる条件について新たな発見を得ることができた。南海トラフ巨大地震などの大災害につながる可能性も含めて報告したい。

■日向灘で大地震が発生する条件とは!?

 今回、日向灘でM6以上の地震が起きたのは実に5年ぶりのこと。気象庁は「直ちに南海トラフでの巨大地震につながるものではない」との見解を発表したが、これが(騒ぎをすぐに収束させたい)政府の意向を「忖度」したものではないか、と各メディアやネット上でさまざまな憶測が飛び交った。

 では、実際のところ大地震が続く可能性はあるのか、筆者は過去(18世紀以降)に日向灘で起きた地震データを独自に調べてみた。その際、現在エルニーニョ現象が発生中であることを踏まえ、過去の地震とともにエルニーニョまたはラニーニャ現象が起きていたかどうかも含めて調べ上げた。ちなみにエルニーニョとは、熱帯太平洋で見られる気候変動現象で、太平洋東部の海面水温が平年より高く、西部では低くなる。ラニーニャはその逆で、太平洋の赤道付近で海面水温が低くなる現象だ。

 では以下に、これまで日向灘で発生した地震の一覧を示す(エルニーニョまたはラニーニャ発生中に起きたものは、その旨も記している)。

「令和南海トラフ巨大地震」は発生目前、今年後半か!? 過去の日向灘地震を分析して判明、覚悟を決めるべき時が来た!の画像2
画像は「地震調査研究推進本部」より引用

1769年8月29日:M7.0 エルニーニョ
1899年3月7日:M7.1 エルニーニョ
1923年/11月27日:M6.0
1929年5月22日:M6.9 ラニーニャ
1931年11月2日:M7.1
1939年3月20日:M6.5 ラニーニャ
1941年7月20日:M6.1 エルニーニョ
1941年11月19日:M7.2 エルニーニョ
1942年4月13日:M6.0 エルニーニョ
1942年8月22日:M6.2 エルニーニョ
1961年2月27日:M7.0
1968年4月1日:M7.5 ラニーニャ
1969年4月21日:M6.5 エルニーニョ
1970年7月26日:M6.7 ラニーニャ
1980年8月7日:M7.1
1984年8月7日:M7.1 ラニーニャ
1987年3月18日:M6.6 エルニーニョ
1996年10月19日:M6.9 ラニーニャ
1996年12月3日:M6.7 ラニーニャ
2014年8月29日:M6.0 ラニーニャ
2019年5月10日:M6.3 エルニーニョ

 これを見ると、21件中9件がエルニーニョ期間中、8件がラニーニャ期間中となり、なんと全体の80%に該当する合計17件がいずれかの期間に発生していたことになる。これは統計的にも顕著な傾向といえるだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ